ピクシブ百科事典

春曲鈍

はるまげどん

『春曲鈍』とは、新沢基栄による漫画作品『ハイスクール!奇面組』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

一堂零友人関係の中では最も古い旧知に当たり、本物の変態としてお互いを認め合う永遠のライバル。

サブキャラクターの1人でありながら、下記の来歴にある因縁から主要人物に次ぐ存在感を発揮するバイプレイヤーとして描かれる。

生年月日1964年(生年以下不明)
血液型O型
年齢20歳(初登場時)
身長170cm
体重58kg
家族:春曲土鈍(はるまげ どどん)、:春曲土鈍子(はるまげ どどんこ)、ペット:パー子(オウム
通称ヤブニラミ
声優古谷徹

来歴

一応小学校入学式当日、校長のスピーチ中に零が「小便を漏らした後にトイレ宣告をする」という事態を引き起こしてその場を凍り付かせた直後、続く自身の「大便を漏らした事後報告をする」という事態によって零を除く全員が運動場から逃げ出した事件がきっかけとなり、何かにつけて張り合わなければ気が済まない奇妙な仲に発展する。しばらく後、社交的な零を通じて1つ年上の一日一善(ひとひ かずよし)と出会い、遊び仲間の3人組を結成する。

6年生の時、一応中学校に進学した一日とは疎遠となった一方で零との競争は熾烈を極めたが、父親の仕事の都合で卒業式の翌日に一応町から引越す段取りが整ってしまったため、卒業式の直後に強引に決戦を挑むも零の前に敢え無く敗れ去り、いつとも知れぬ再会の誓いを固く交わして一応町を後にする。

8年後、再び父親の仕事の都合で一応町に引越す段取りとなり、あろうことか一堂家の隣人として零との予期せぬ再会を果たしたものの、かつて引っ越した先の中学校で零たちを上回る4度の中学留年を記録している事から、一応高校へは2年生ではなく1年生として編入する。

奇面組を始めとする各グループ卒業後の詳細は不明。

人物

日常会話で「か」を「きゃ」、「な」を「にゃ」、「れ」を「り」、「そ」を「しょ」と発音してしまう発達不順(3歳児相当)の滑舌が顕著であり、義務教育であるはずの中学校で4回もの留年を経験した学力偏差値や極度の運動音痴に加え、酷い人見知りでもある。

奇面組のように一般社会の価値観に抗う『非適合型の変態』ではなく、一般社会に溶け込み難い事情を抱える『不適合型の変態』としての側面が強い上、問題の滑舌と人見知りが起因して心を許した者以外とのコミュニケーションに対しては消極的であり、周囲の同級生からはその様子を「寡黙で人付き合いが悪い」と勘違いされているために奇面組関係者や音成久子以外の友人は極めて少ない反面、心を許した人物に対しては滑舌の悪さを気にせずに積極的な発言を披露する。

特技

奇面組の個々が持つ超人的能力は皆無だが、変態としての潜在能力は零と肩を並べる屈指の実力者。ただし、小学生の時とは違って事ある毎に変態を競い合う場面は少なくなり、何らかの事情による零との協力態勢で変態能力の真髄を発揮する。

「周囲の人間よりも行動のテンポが1つ遅い」という重大な欠点が運動音痴の原因となっているもののサッカーについてはその限りではなく、学力に結び付く知識は乏しいが突拍子も無い発想を閃く知恵は豊かであり、発言によるコミュニケーションに支障がある一方で精神遠隔感応能力(テレパシー)を有していたりと得手不得手が両極端である。

余談

名前の由来は「幻魔大戦」の用語「ハルマゲドン」から。また、アニメ版CVを務める古谷徹は、映画版幻魔大戦にて主人公の東丈のCVを担当していた。

関連イラスト

鈍ちゃんとサッカーボールの絡み


おりだって、サッカーだったりゃ零に負けないもんね。

鈍ちゃん


う~。おりの顔に何か付いてるのきゃ?

関連タグ

漫画 新沢基栄 週刊少年ジャンプ
一堂零 音成久子

pixivに投稿された作品 pixivで「春曲鈍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104329

コメント