ピクシブ百科事典

三竜

さんりゅう

『世界樹の迷宮』シリーズに登場する、冒険者が打ち倒すべき3体の強敵の通称。
目次[非表示]

概要

偉大なる赤竜赤き竜。この竜相手には、熟練の冒険者ですら死を覚悟するという。
氷嵐の支配者青き竜。三つの首から放つ様々な攻撃を防ぎきれる者はいないという。
雷鳴と共に現る者黄金の竜。雷を自在に操り冒険者を攻撃する恐るべき相手である。

太古より生きてきた伝説の生物で、絶大な破壊力をもつブレス攻撃と、三者三様の猛攻で攻め立ててくる。そのため、倒すには相当な実力が求められる。

3体とも『』までの全シリーズと『新1』『新2』に登場し、『Ⅲ』『Ⅳ』『新1』『新2』ではレベルキャップを開放するためには必ず倒さないといけない。

また、『』では上位種として「エルダードラゴン」が、『Ⅳ』では更なる強敵として「冥闇に堕した者」が登場している。

逆鱗マラソン

初代』では、彼らのレアドロップである「○○の逆鱗」が非常に出にくく、その素材から作成できる最強武器「真竜の剣」を手に入れることが非常に難しかった。

この「○○の逆鱗」を求めてひたすら三竜を倒し続ける行為は、プレイヤーの間で『逆鱗マラソン』と呼ばれ、初代プレイヤーの間ではかなりの苦行として知られている。

ただし、作品を経るごとにドロップ率は上昇しており、『Ⅲ』以降はアイテム集めが格段に楽になる「解剖用水溶液」があるため、最近では『逆鱗マラソン』という単語自体聞かない。

ただ、3体とも経験値が非常に多いので、『三竜マラソン』という新手の経験値狩りが増えてきている。

特徴

3体とも「素のステータスが高い」「特定の属性攻撃を弱点としている」「行動パターンがある程度決まっている」「条件ドロップは自身の得意属性と同じ属性を含む攻撃での撃破」「復活日数は14日」という点が共通している。

偉大なる赤竜
見た目通り炎属性の高威力スキル「ファイアブレス」を使う。弱点は氷属性。

最も王道的な戦い方をするタイプで、自身の攻撃力を上げる「火竜の猛攻」、パーティ全体に混乱と攻撃力ダウンを付与する「とどろく咆哮」、パーティ全体にランダムな壊属性攻撃を複数回行い、かつスタンさせる「ドラゴンビート」が特徴的。

素直に状態異常と炎属性攻撃の対策をすれば、三竜の中では比較的戦いやすい部類に入る。それでも十分強いが。また、素のステータスが三竜中一番高くなる傾向にある。

氷嵐の支配者
見た目通り氷属性の高威力スキル「アイスブレス」を使う。弱点は雷属性。

防御的な戦い方をするタイプで、自身の属性耐性を上げる「アイスシールド」、ターン終了ごとに自身のHPを大きく回復する「氷河の再生」、パーティ全体にランダムな突属性攻撃を複数回行い、かつスタンさせる「竜乱錐」が特徴的。

自己強化スキルを多用するので、それらを打ち消せるスキルやアイテムは必須。作品によっては強烈なカウンターや即死攻撃なども行うので、あらかじめ攻撃のパターンと使用するスキルは調べておこう。

雷鳴と共に現る者
見た目通り雷属性の高威力スキル「サンダーブレス」を使う。弱点は炎属性。

弱体や状態異常をばら撒く嫌らしい戦い方をするタイプで、斬属性攻撃をしながら呪いを付与してHPを吸収する「古竜の呪擊」、パーティ全体に斬属性攻撃を数回行いつつ防御力を下げる「恐ろしき竜牙」、パーティ全体に壊属性攻撃を行い、かつ麻痺させる「竜の鉄槌」が特徴的。

だが、一番警戒すべきスキルは、パーティの強化枠が合計7つ以上になっていると使うカウンター「呪われし遠吠え」だろう。パーティ全体の強化を全て消された上でほぼ確実に即死させられるので、いかに強化スキルを使わずに戦うかが重要になる。

二次創作にて

作中の描写から、以下の様な設定を付けられる事がある。

偉大なる赤竜
ハーレム持ち
『Ⅲ』の出現場所の近くに雌のFOEと、その子供が大量に生息しているため。

氷嵐の支配者
ロリコン
』『新2』のクエストで幼女誘拐事件を起こしたため。

雷鳴と共に現る者
酒好き
『Ⅳ』のクエストでお酒におびき寄せられたため。

無論、これらは二次設定であり、無暗な使用は嫌がられる可能性もあるので注意。

タグ

世界樹の迷宮 裏ボス

外部リンク

SQ用語辞典 - 偉大なる赤竜(モンスター)
SQ用語辞典 - 氷嵐の支配者(モンスター)
SQ用語辞典 - 雷鳴と共に現る者(モンスター)

関連記事

親記事

FOE えふおーいー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23573

コメント