ピクシブ百科事典

FOE

えふおーいー

世界樹の迷宮シリーズに登場するエネミー(敵)キャラクター。
目次[非表示]

概要

FOEとは、"F.O.E"のこと、更には"Field On Enemy"(フィールド上の敵)の省略形である(また、「foe」でも「」という意味がある)。
ランダムエンカウント式の戦闘をとる敵モンスターとは異なり、目に見えてマップ上を動き回る(シンボルエンカウント式)。
初心者はこれにぶつかってゲームオーバーないし挫折する。

ラテン語格言F
カス子ちゃん



視界にオレンジ色の毛玉のようなものが現れたら注意。それがFOEである。(Ⅳ以降はリアルモンスターになった)
なお、FOEには危険度や性質によって種類が存在する。

 種類  登場 
橙 通常 プレイヤーが全力をもって望むべき敵。 ⅠⅡⅢ 
赤 強敵 プレイヤーが全力をもって敗れる敵。  ⅠⅡⅢ 
青 飛行 低い障害物を乗り越えれる巡回型の亜種。やや弱めだが注意は必要 Ⅱ 
紫 ステルス DSマップ画面に表示されないFOE。 Ⅱ 
黒 階層ボス・三竜モンスターたちの頂点に君臨する存在。 ⅠⅡⅢ 
黄 パサラン系 壁透過型で自爆する、世界樹のはぐれメタル。 Ⅲ 

本来、初遭遇時にはバトルを挑むべきではない上に「逃げても良い」とナレーションが入るにも拘わらず、果敢とも無謀ともいえる行動力で突撃するプレイヤー。だがFOEは中ボスではない。しかも強い。ただ、倒すと経験値が多くもらえる(Ⅱ除く)上に優秀なアイテムの素材が手に入ることもあるので、キャラをきっちり育ててから挑むのがベター。

それいけプリ子さん その18
【世界樹の迷宮Ⅱ 4コマ漫画③】 前門の蟷螂 後門の壁



歩行などに1ターン使うとFOEも一歩動き、それぞれ動きにパターンなどがあるので、それを見極めることで戦闘をさけたり誘導したりできる。

巡回型 決められた順路を巡回する。 
追尾型 索敵範囲に入ると凶暴化し追いかけてくる。 
乱入型 戦闘になると、次々と乱入する好戦的なFOE。 
潜伏型 ある定められたエリアにて戦闘をしていると、突然出現する乱入型亜種。 
条件型 夜行性や警報装置など特定の条件で特殊な活動を始めるFOE。 
固定型 自分の居場所を一切動かず鎮座するもの。階層ボスなど黒FOE限定。 
透過型 飛行型(青)やパサラン(黄)など障害物や壁を通り抜けて行動できる。 

海外版ではラテン語で「Foedus Obrepit Errabundus ≒ 忍び寄る下劣な者」と表記される。

SQ用語辞典 - F.O.E(モンスター)

おもな対策

  • 後ろから尾行
  • 部屋の端を移動
  • 逃げ切る(部屋や階段に逃げ込む)
  • FOEが通らない安全地帯を発見する
  • 倒せるレベルまで鍛える


種類

狂乱の角鹿(狂える角鹿)、全てを刈る影水辺の処刑者災いの巨神スキュレー貪欲な毒蜥蜴泥中より迫る者神罰をもたらす者ケセランパサランワイバーン(世界樹)サラマンドラゴーレム(世界樹)アルルーナ

関連タグ

世界樹の迷宮 モンスター 歩く死亡フラグ 世界樹でよくあること。
F.O.E

ペルソナQ (FOEやタッチペンでの地図の書き込みなど世界樹の迷宮と同様のシステムがある。)

pixivに投稿された作品 pixivで「FOE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140990

コメント