ピクシブ百科事典

不潔な巨像

ふけつなきょぞう

不潔な巨像とは「デモンズソウル」に登場するボスキャラクターである。
目次[非表示]

概要

腐れ谷-2「嘆きの沼」に造られた『腐れ木の神殿』を支配するデーモン。

名前の通り、無数のガラクタと汚物が融合して人型の像のような形を為した怪物である。
全身には無数のハエらしき害虫が集っており、常に羽音が周りに響いている。
また、左肩部分にはナメクジのような形状の頭部らしきものがある。
足はあるが旋回行動を行うだけで歩くことはせず、その場を動くことは無い。

プレイステーション5版では、右肩の突起物がサンゴのような形状に変更されたほか、全身にが集っている様子が描写され、より「不潔」な印象が強まっている。

倒すと「蝕まれたデモンズソウル」をドロップする。

攻略

全身を覆うヘドロのような汚物には矢や魔法攻撃などを防ぐ効果がある
近距離では棍棒のような形状の右腕を振り回して攻撃するほか、左腕から飛び道具としてプレイヤーを追尾するハエの群れを発射したり、全身からハエを噴射して全方位攻撃を行う事がある。腹部を覆う汚物が剝がれると、本体のモーションとは無関係にハエの群れが発射され始めるので不意討ちを受けやすい。

プレイヤーがハエ攻撃を受けると全身に集られてスリップダメージを受け、同時に回復アイテムの効果が半減するというヒル溜りと同様の状態異常になるが、周囲に設置された松明の炎に触れる事で、僅かなダメージと引き換えに解除できる。

身体を覆う汚物やハエを放つ左腕は部位破壊することが可能。特に左腕を破壊すると、ハエ攻撃が一部使用不能になるため優先して狙いたい。ヒル溜りと同様、炎属性に弱いので近接戦なら松脂によるエンチャントや、ストーンファング坑道で拾える竜のロングソードが効果的。魔法の場合、至近距離で炎の嵐を発動すれば一撃でヘドロごと焼き尽くす事も出来る。

動きが鈍いうえに明確な弱点があり、ボス部屋も広く戦いやすい事から、ステージの難度の高さと比べて簡単に倒せるボスと言われることが多い。毒沼の中で戦わされる巨大腐敗人女黒ファントムの方が強いと評する声もある。
(一応ボス部屋内にも毒沼はあるのだが、足場が広いため滅多に落ちることはない)

関連装備

酸の雲

毒の雲と同様の黄褐色の雲を展開し、範囲内の敵の装備耐久値を減らす魔法。
敵に直接ダメージは与えられないが、装備を破壊する事で攻撃・防御力を削ぐことが可能。
その特性上、NPCや黒ファントム以外の敵に使っても無意味。

「蝕まれたデモンズソウル」を賢者フレーキに渡す事で入手出来る。

攻略にはあまり役立たない魔法だが対人戦においては有用で、黒ファントムの隠れていそうな物陰に撒いたり、閉所に逃げ込んで撒くことで重量装備を纏った剣士系黒ファントムの攻撃を抑えるなど、プレイヤー次第で様々な使い道がある。

一方、嫌がらせ目的とも言える魔法なので、その仕様を巡って議論になったこともある。
しかし結局、続編以降も採用され続けた。

関連項目

デモンズソウル 腐れ谷 ヒル溜り 乙女アストラエア

関連記事

親記事

デモンズソウル でもんずそうる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「不潔な巨像」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1192

コメント