ピクシブ百科事典

九ノ瀬遥

ここのせはるか

じん(自然の敵P)のカゲロウプロジェクトに登場する少年。
目次[非表示]

「僕、別に貴音がどんなに変わってても嫌いになったりしないよ?」

「――――会いたいよ、貴音。」

「また何処かで思い出して 出逢えるかな」

プロフィール

名前九ノ瀬遥
メカクシ団団員No.9
楽曲ロストデイアワー夕景イエスタデイサマータイムレコード
能力目を醒ます
誕生日12月24日
年齢19歳
身長182cm
体重64kg
血液型O型
好きな恐竜トリケラ○プス
cv宮野真守
家族構成母、父、〈お手伝いさん〉
イメージカラー黄緑


概要

じん(自然の敵P)氏の小説、「カゲロウデイズⅡ-a_headphone_actor-」に登場する少年。そして、「カゲロウデイズⅥ -over the dimension-」では主人公である。
また、夕景イエスタデイサマータイムレコードのPVにも登場している。

黒髪のくせ毛で、右頬には泣きぼくろがついている。
母は遥が物心つく前に既に同じ病気で亡くなっており、父はケンジロウの古い知り合いで、どこかの研究施設に務めているらしい。

榎本貴音とは同級生であり、唯一のクラスメイト。
ケンジロウの生徒で、アヤノシンタローの先輩でもある。

人物

おっとりした物腰でかなりのマイペース。天然ボケな言動が目立ち、よく貴音に突っ込みを入れられている。
趣味と特技は絵を描くこと。その画力はなかなかのもので、学園祭の出し物でシューティングゲームヘッドフォンアクターの背景画を担当した時には、自分達の住む町をそっくりそのまま表現してしまうほど。

ふとした発作でも死につながるような、深刻な『病気』を持っている。
そのためか、能天気な性格ながらも様々な我慢を経験しており、自己主張も強くない。
学園祭の出し物に関しても、当初は消極的な物腰で貴音に喝を入れられていた。

また、学園祭以来貴音の影響で「DEAD BULLET -1989-」というオンラインゲームにハマり、自分のアバターを嬉々として制作した。

シンタローとは学園祭で遥が景品をシンタローに受け取ってもらおうと必死に話しかけたことがきっかけで親しくなり、その後はインターネットで通話しながらオンラインゲームをしたり休日に一緒に出かける仲にまでなった。シンタローが黒い炭酸飲料を好きになった原因は、この時遥がシンタローを引き止めようととっさに買って一緒に飲もうと渡した炭酸飲料にある。

アヤノとは学園祭の準備の為にケンジロウの家に泊まった際に知り合う。セトとはプリンを一緒に食べた。

病弱ながらかなりの大食いで、いくら食べても太らない体質らしい。


関連イラスト

遥くんっ
「貴音~」


無題
遥さん


夏コレ30日目-遥-
遥



過去(ネタバレ注意)







10歳になった時、父親から「お前は恐らく6年後に死ぬ」と宣告され自分の余命を知る。

父の知り合いである担任のケンジロウは自分の寿命の事を知っており、現在の高校に入学できたのもケンジロウのツテもあった。またケンジロウが不仲の筈の理事長をダシに遥と貴音に出し物をしようと持ちかけたのも遥への気遣いから来たものであり、父親と疎遠になってしまった遥にとって彼は唯一何でも相談できる大人であったようだ。

なんだかんだで学園祭は大成功を収め、それがきっかけで新しい友人も出来た。それからも彼らと多くの思い出を作り毎日を楽しいと感じながら過ごしていた。
しかし遥は、来年自分はもう此処にはいないのにこの幸せな時間がずっと続くと思っていたことに気づく。何故今までこんなことを忘れていたのかと考えそうになるが、彼はすぐにその思考を振り払う。

そうして目の前の絶望から必死に目を背けながら、今の時間を噛み締めるように日々を過ごしていた。


余命が一ヶ月を切った頃、ついにシンタローに死の恐怖を吐き出すも、残酷にも時は流れ彼は刻々と死へ近づいていった。


そして8月15日、病気の発作を起こし、死亡した。


その際、目が冴える蛇の誘導によって「カゲロウデイズ」に干渉。
「目を醒ます」蛇に取り憑かれたことによって、自分の身体を「自分の理想の身体」に作り変える能力を手に入れる。その結果、自分が作ったアバターである「コノハ」の姿に変化した。
小説では"体"に"弱い精神"が対応しきれなかったため精神は脱落し、カゲロウデイズに取り残された。

アニメ「メカクシティアクターズ」では、遥が作り変えられた身体を拒絶した結果、身体だけが現実世界に戻り、精神は「カゲロウデイズ」に取り残されてしまったことが明かされている。

藍く、溶けて、






本人は鈍感で気づいていないようだったが、実は貴音から好意を寄せられていた。

彼女のことは「友達」と言い切ってしまうと違和感があったようで、もしかしたら「そういうこと」かもしれないとは思ってはいた。でもどうせ自分はもう死ぬのだからそんなこと言える訳が無いと思い、あまりそういうことに積極的になれなかった。

そして現実世界で目を醒ましたコノハの光景は、カゲロウデイズにいた遥にも見えていた。



そこで彼が見た光景は、コノハとなった自分の姿を見て笑うケンジロウと、彼に薬殺された貴音の姿だった。



余談

遥の病について、作中では病名は明らかになっていない。
そのためpixivでもその描写は様々で、原因不明の心臓病や、心臓喘息等と解釈されることも多い。


サマータイムレコードのMVでは右頬の泣きぼくろがコノハの右頬にあった模様に変化していたり、髪の色が灰色っぽくなっていたり、コノハの名残だと思われる姿になっている。

【カゲプロ】サマーエンド




関連タグ

カゲロウプロジェクト 夕景イエスタデイ サマータイムレコード カゲロウプロジェクトの登場人物一覧
コノハ(カゲロウプロジェクト) 榎本貴音
―会いたいよ、貴音

他の記事言語

Kokonose Haruka

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「九ノ瀬遥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5871619

コメント