ピクシブ百科事典

井尻又兵衛由俊

いじりまたべえよしとし

クレヨンしんちゃんの映画『アッパレ!戦国大合戦』の登場人物。

概要

CV.屋良有作
クレしん映画嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』に登場した武士。30歳。
戦国時代タイムスリップした野原しんのすけによって偶然にも敵の伏兵から命を救われた。
を眺めることが好きで、旗印も青地に雲が描かれていることから「青空侍」と呼ばれ、戦場では「鬼の井尻」と恐れられているが、しんのすけからは「おまたのおじさん」と呼ばれている。
命の恩人であることからしんのすけを城に連れて帰り城主に紹介したが、そのまましんのすけを預かることになった。家には足軽頭の仁右衛門とその奥さんと暮らしており、父と兄弟は戦死し、母は病死している。
文武両道で心身ともに強く、懐の大きい性格だが、武士として無骨な部分からうまくいかないこともあり、しんのすけにそこを付いてからかわれて取り乱したりする。仁右衛門曰く女性には滅法弱い。
城主の娘・春日廉とは幼馴染で想いを寄せているが、身分の違いから自分の思いを抑え込んでいる。
春日に攻め込んできた大蔵井高虎の軍勢に先陣を切って戦い、野原一家の助けもあって勝利する。



















































































































































※【これより先、物語の結末に触れる内容のため注意されたし】





春日城への帰路の途中、どこからともなく撃たれた火縄銃により瀕死の怪我を負う。
 その中で「どうして自分の所にしんのすけがやって来たのか」の答えが出た。

本当なら自分はしんのすけと出会ったあの場所で撃たれて戦死するはずだった
だが しんのすけがやって来たことで、大切な人と国を守るための働きをさせてもらえたこと

本当は味わうことがない未来の食べ物飲み物を食し、まだ見ぬ未来の世界の出来事や発明品を見たり 未来からやってきた野原一家と楽しい日々を過ごすことができた。

役目を終えた しんのすけに『無事に元の時代に帰ることができる』と告げる。 彼が褒美に欲しがっていた馬手差し(めてざし)を渡すと 『お前の言うとおり、最後までそれを使わなくてよかった・・・・きっと・・・姫様も・・・同じことを・・・』という言葉を最後に 生涯に幕を下ろした


















関連タグ

クレしん映画 アッパレ!戦国大合戦 武士

pixivに投稿された作品 pixivで「井尻又兵衛由俊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10732

コメント