ピクシブ百科事典

井戸の底

いどのそこ

井戸の底は「ゼルダの伝説 時のオカリナ」に登場するダンジョンの一つである。ホラーマップでトラウマになった人が多い。
目次[非表示]

概要

井戸の底とは、カカリコ村の井戸にあるダンジョンである。
別名「三拍子の井戸」

おとな時代に風車小屋で「嵐の歌」を覚えてから子ども時代へ戻り、同じ場所で嵐の歌を吹いて風車を暴走させ、井戸の水を抜くことで入れる。
闇の神殿の攻略に事実上欠かせないアイテム「まことのメガネ」があるため、避けては通れないダンジョンである。…が、本当は「まことのメガネ」は必ずしも闇の神殿の攻略に必要なわけではなく、無くてもただ「物凄く不自由」なだけなので、闇の神殿を知り尽くしたRTAプレイヤーにはスルーされることもある。

元々この井戸があった場所には「まことのメガネ」の前の所有者の家があったのだが、井戸の底に隠されていたのは大量の躯、加えて磔台と牢屋、そして遺体を納める棺
王家の血塗られた歴史の一角を思わせる凄惨な光景に、闇の魔物「ボンゴボンゴ」もこうした死者の思念より生まれたのだろうか・・・。

所々に「まことのメガネ」で見ないと見えない穴があり、その入手場所であると共に「お試しダンジョン」であるという側面も持っている。

墓地闇の神殿クモ屋敷、そして井戸。
カカリコ村にはホラー要素が多すぎる。

敵たち

とてつもなく大きな緑バブルが徘徊しており、井戸の中を時計回りに飛び回る。
リーデッドギブドが生息しており、コキリの剣では倒すのに苦労する。
中ボス(実質ボスポジションだが)は「デドハンド」。
もちろんだがキーススタルチュラも現れる。

ムジュラの仮面』では

「井戸の下」というダンジョンが、終盤のイカーナ地方に存在する。
あるイベントで入手できる「ギブドのお面」が通行手形のようなものとなっており、それがないと途中にある扉の前に立ち塞がるギブドに組み付かれてしまい、進むことができない。
だが、お面があればギブドと話すことができるようになり、彼らの要求に応えることで先に進んでいけるようになる。
そして仕掛けを解いたり、途中に待ち受けるビッグポウを倒したり(これもギブドの要求の一つ)して最終地点に辿り着くと、ある重要アイテムが手に入り、そのままイカーナ城へと進むことになる。

当然といってはなんだが、出現する敵もデキシーハンドクロボーなど、不気味なものや
薄暗いところを好むようなモンスターが多い…のだが、時オカに比べると些か恐怖成分が薄まっている…かも知れない。
だが、上記の通り「お面」無しでギブドに近付こうものならたちどころに攻撃されてしまう。おまけに、彼らはいくら攻撃しても倒せない…というより、倒しても倒しても、何度でも復活してくるのだ。そして炎の矢などで焼いてしまった日には…
彼らへの対処法…即ちこのダンジョンの攻略法は、まずお面を着けて彼らと話してみること。
そして未練を取り去って、彼らの心を安らかにさせてあげること。
それ以外に、一切方法は無いのである。

関連タグ

時のオカリナ 闇の神殿

関連記事

親記事

カカリコ村 かかりこむら

pixivに投稿された作品 pixivで「井戸の底」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 617

コメント