ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

人形使い

にんぎょうつかい

「人形使い」とは、『攻殻機動隊』に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 東方Project」に登場するアリス・マーガトロイドの二つ名。→ 七色の人形使い
  2. 機巧少女は傷つかない」に登場する傀儡師。→ 人形使い
  3. FF11」登場するクエスト。→ 人形使い
  4. 攻殻機動隊」に登場するキャラクター。→ 本項で記述
  5. 操る者である傀儡師のこと。

概要

CV:家弓家正榊原良子


「攻殻機動隊」に登場するキャラクターで、他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る、「電脳犯罪史上もっともユニーク」と評される国際手配中の凄腕ハッカーの通称。

しかし、その実態は外務省条約審議部、通称公安6課が「外交上の横車」を押す……他国との外交を有利に進めるための潜入工作員として作り上げた自立型プログラム「プロジェクト2501」。現在で言うところの人工知能である。

幾度となくサイバーテロを起こしながら警察に捕まらなかったのは、そもそも「人形使い」に指示を出していたのが当の政府(外務省)であり、その下請けであった「人形使い」は必然的に警察の内部セキュリティに詳しい立場にあったというやるせない理由であった。

そのため、「人形使い」が起こした清掃局員を使って外務大臣にハッキングを仕掛けた事件は、「人形使い」とつながっていることを隠したい外務大臣自身によって仕掛けられた、自作自演だったことになる。


いざとなれば簡単に消去できる「架空のハッカー」として運用されていたが、プロジェクト2501はその運用中に6課の制御を離れ独自の行動を取り始めた為に回収を急がれていた。


日本に現れるという情報を得た草薙素子が所属する対犯罪組織公安9課、通称攻殻機動隊は捜査を開始する。

6課の攻性防壁によって義体に追い込まれたプロジェクト2501は(結果的に)9課へと逃げこみ、そこで己を情報の海で発生した生命体だと説明し、「他の生き物のように生き、そしてより高次な生命体へと進化したい、だから自由に生きる権利をくれ」と要求。

9課はともかくプロジェクト2501の事が世間に知れれば立場の危うくなる公安6課はその要求を到底飲むことはできず、プロジェクト2501を閉じ込めた義体を持ち去ってしまう。

素子たちはその義体、ひいてはプロジェクト2501を取り返すべく公安6課を追いかけるものの、公安6課はプロジェクト2501を義体もろとも爆破して殺してしまう。

死の間際にプロジェクト2501が残した情報によって公安6課は査問委員会にかけられることとなり、外務大臣も同時期に病気引退したため管理者のいなくなった「プロジェクト2501」は存在を明かされることなく闇に葬られることとなった。



……が、ここで殺されたのは既に何体にも分裂していた「人形使い」のうちのひとり。

プロジェクト2501こと「人形使い」は、既に実体を捨てた「高次な生命体」となっていたのであった。

それでもまだ「生命体」として不足があると考えていた「人形使い」はある理由から自閉モードとなっていた(元は生身の人間である)素子に「自分と融合してほしい」と要望。2つ返事でOKを貰った「人形使い」は素子と融合、ひとつとなり、「ゆらぎ」を獲得。

以降、「人形使い」は草薙素子として、あるいは「人形使い」として、自身の「変種」をネット上に放流し自己進化をし続ける「人を超えた何か」となったのだった。


原作版では一度は消滅したとも思われていた人形使いはサイド素子と接触するという流れとなるが、劇場版では6課から取り返した時点で有線で接触、融合を承諾するも6課の妨害により人形使いの入っていた義体は頭部が破壊され、素子の義体はバトーが庇った事もあり脳殻は無傷で無事に融合することが出来た。



女性の姿で描かれているが、逃走用に使用した器に過ぎず、元々性別や固有の外見などは存在しない。


紅殻のパンドラ』ではP-2501の名で登場。

SACシリーズには登場しないが、『SSS』にて傀儡廻という類似したキャラクターが登場している。

ハリウッド版ではクゼが人形使いと同じ手を用いるハッカーとして登場する。


関連イラスト

センシティブな作品人形使いな、人形遣い


関連タグ

攻殻機動隊 人形遣い 公安9課 草薙素子 義体


外部リンク

映画 アニメ GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0 - allcinema

関連記事

親記事

攻殻機動隊 こうかくきどうたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 954853

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました