ピクシブ百科事典

今出川兼季

いまでがわかねすえ

今出川兼季とは鎌倉時代から南北朝時代の公卿。
目次[非表示]

概要

西園寺実兼の四男、官位は従一位、太政大臣今出川家(菊亭家)を創始。

経歴

正安元年(1299年)に参議、正安4年(1302年)に権中納言に就任した。正和4年(1315年)に権大納言に就任。元亨2年(1322年)右大臣。正慶元年(1332年)に太政大臣に就任したが後醍醐天皇の復帰と建武の新政によって辞職された。その後出家。

外部リンク

今出川兼季 - Wikipedia

関連タグ

公家 鎌倉時代 南北朝時代 菊亭家 西園寺家

初代菊亭家第2代菊亭家
今出川兼季今出川実尹

関連記事

親記事

菊亭家 きくていけ

兄弟記事

コメント