ピクシブ百科事典

今出川晴季

いまでがわはるすえ

今出川晴季とは戦国時代から江戸時代初期の公卿。
目次[非表示]

概要

今出川公彦の子、官位は従一位、右大臣

経歴

初名は実維、天文14年(1545年)に足利義晴から偏諱を受けて晴季に改名。天文17年(1547年)に従三位、永禄3年(1560年)武田信玄の妹の菊御料人を娶る。天正7年(1579年)内大臣、天正13年(1585年)に右大臣豊臣秀吉関白の職を晴季が斡旋した。しかし晴季は娘を豊臣秀次に嫁がせていたことで文禄4年(1595年)に秀次が謀反の疑いで切腹されたことで晴季も越後国に流罪となった。翌年に赦免。その後右大臣に偏任。

外部リンク

今出川晴季 - Wikipedia

関連タグ

公家 菊亭家 戦国時代 安土桃山時代 豊臣秀吉

第11代菊亭家第12代菊亭家第13代菊亭家
今出川公彦今出川晴季今出川季持

関連記事

親記事

菊亭家 きくていけ

兄弟記事

コメント