ピクシブ百科事典

内管領

ないかんれいもしくはうちのかんれい

北条得宗家の執事。得宗家に仕える御内人の筆頭。
目次[非表示]

概要

鎌倉幕府第3代執権北条泰時尾藤景綱を家令に任じたのが始まりとされ、得宗家の執事を『内管領』と呼ぶようになったのは第8代執権・北条時宗とその子で第9代執権・貞時時代の平頼綱からとされる。頼綱が平禅門の乱で討たれたのちは貞時の従兄弟・宗方が内管領の職務を行い『内執権』と称したが、宗方が嘉元の乱で成敗されると頼綱の一族である長崎高綱(円喜)が登用されて内管領が復活した。

主な得宗家執事

関連項目

得宗 執事

コメント