ピクシブ百科事典

北岡夢子

きたおかゆめこ

北岡夢子は、1988年にデビューした日本の元アイドル、女優。
目次[非表示]

概要

経歴など

誕生日は1971年2月2日。本名は中山 貴久子(なかやま きくこ)。東京都台東区出身。血液型はA型。嘉悦女子高等学校から堀越高等学校へ転校した後、東海大学を卒業。が好きで、趣味は料理。

デビューしてからの、不遇の日々…

1985年8月31日サンミュージックオーディションにて「七色のパドル」を歌い合格し、事務所入り。その後、フォーライフ・レコードより、1988年4月6日に「憧憬(あこがれ)」でアイドル歌手デビュー。同期アイドルデビューには、同日デビューの西田ひかる高岡早紀相川恵里田中律子藤谷美紀国実百合仲村知夏小高恵美などがいた。
 デビュー当時に事務所がつけたニックネームは「ムーちゃん」(夢子の“夢”より)だったが、全く定着しなかった。サンミュージック先輩である松田聖子に心酔。月刊歌謡曲誌上にて、「タクシーカード収集を趣味としていたが、母親に勝手に捨てられてしまった」と、精神的虐待の経験を吐露したことも。
 事務所一推しのアイドルのはずであったが、同事務所で演歌歌手大和さくらのデビュー曲「王将一代小春しぐれ」がヒットすると、事務所は大和さくらを推すようになる。新人賞レースはレコード会社の方針で辞退させられてしまうことに。
 また、デビュー直後に実家の酒屋が「リカーハウスなかやま」とリニューアルオープンするも一年弱で閉店、両親は埼玉に転居。「ちゃきちゃきの下町アイドル」というコンセプトまで瓦解させられることに。
 2001年2月22日にテレビ朝日系で放送された『木曜サスペンス』への出演を最後にメディア登場がなく、長らく近況が不明だったが、2014年7月8日の『カスペ! 今でもスゴい女性芸能人第2の人生すべて見せますSP』(フジテレビ系)にVTR出演、久々に姿を見せ、10歳年下の男性と結婚済みであることが判明した。

ディスコグラフィ

下部に示すウィキペディアを参照。
事務所先輩の松田聖子のカバー「マイアミ午前5時」(83年「ユートピア」収録)を最後のシングルとして1991年に出している。

テレビ出演など

現代劇よりは時代劇の出演が多め。
大岡越前水戸黄門第22部、第23部、第24部にそれぞれ一回ずつ、
江戸を斬るVIII遠山の金さんVS女ねずみ などに出演。

外部リンク

ウィキペディア「北岡夢子」 本記事はここからの内容転載を主にしています。ウィキペディア以外、電子化されてない資料からの加筆を歓迎いたします

pixivに投稿された作品 pixivで「北岡夢子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント