ピクシブ百科事典

千早赤阪村

ちはやあかさかむら

大阪府にある村

大阪府の河内地方に位置する村。大阪府唯一の村で楠木正成の出身地であり、後醍醐天皇鎌倉幕府打倒の兵を挙げると、これに呼応して千早城・赤坂城で幕府軍を迎え撃ったことで知られる。周囲を金剛山や棚田などの自然に囲まれた歴史と観光の村である。
2002年に周囲にある富田林市太子町河南町との間で合併協議がなされたが、合併方式をめぐって対立し協議は解散、2008年には河内長野市との合併に向けて法定協議会設置議案が村議会で可決されたが、翌年に河内長野市への編入合併に関する議案に対して反対意見が村議会から多数出され、河内長野市への合併も無くなった。

人口はおよそ5300人。2014年4月に過疎地域に指定され、大阪府唯一の過疎地域となったが、金剛バス南海バスがそれぞれ富田林駅と河内長野駅から村内を結んでいる。
市外局番は「0721」、市内局番は「72」。くっ

コメント