ピクシブ百科事典

地球侵略マシン

ぽこぺんいんべーだーましん

「ケロロ軍曹」に登場する一発ネタ。

概要

 単行本11巻第90話、アニメでは94話に登場する、ケロロ小隊地下に格納していた巨大ロボット
 小隊長たるケロロを模した外見をしているが、どっからどー見てもアレそっくり出撃時に腕を組むのも全く同じであり、読者の腹筋を粉砕した
 コックピットは二人乗りで、操作は一人用ポッドとそう変わらないらしい。

 地下基地に遊びに来たタルルカララ悪ガキコンビが何の許可も取らずに勝手に出撃させたが、上半身が出た途端にドロロ兵長に瞬断され、一歩も動かないうちに真っ二つになって吹っ飛んだ。
 アニメでは「発動すれば即座に地球が消滅し、宇宙歴史を遡及して地球があった事すらなくなる」という凄まじい設定になっており、タルルが誤って自爆ボタンを押したことで自滅した。ちなみにドロロはこのマシンの隔壁を切り裂いて自爆直前にバカ2人を救出している。

関連項目

ケロロ軍曹 悪乗り 公式が病気
トップをねらえ!

pixivに投稿された作品 pixivで「地球侵略マシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145

コメント