ピクシブ百科事典

大瘴鬼ガルドランダ

だいしょうきがるどらんだ

大瘴鬼ガルドランダとは、海道左近氏の小説「InfiniteDendrogram」に登場するモンスターである。
目次[非表示]

『GOOOAAAAAAAAAAA!!』

概要

作中に登場する特殊なモンスター、UBMの一体。
本編で最初に登場した記念すべきUBMでもある。
UBMとしてのランクは伝説級で、本編での表記は【大瘴鬼 ガルドランダ】

赤と黒で彩られた体色に5メートルを超える巨体、頭部に生えた角など、その容姿は鬼そのもの。加えて両肩にも大きな口があり、これによって広い攻撃範囲を誇る。
ネクス平原を縄張りとしており、複数のゴブリン達や騎獣としてクリムズン・ロックバードといったモンスター達を従えていた。こういった点からか絶対数の少ないUBMとしては珍しくその存在が認知されており、冒険者ギルドから懸賞金がかけられていた。

戦闘能力

その巨体から繰り出される殴打は並の人間を容易く捻り潰し、3つの口からは火炎放射と毒ガスをそれぞれ発射できる。加えて高い再生能力を持ち、レイの攻撃で頭部を吹き飛ばされた直後には両肩から新たな顔を生成している。

その高い生命力の源は腹部の中にあるコアであり、これを破壊しない限り何度でも再生し、パワーアップする。こういった性質からガルドランダをUBMと認定した管理AIのジャバウォックはいずれ相当に成長する個体になると見込んでいた。

  • 瘴気

頭部と両肩から発射する猛毒のブレス。
それぞれ【猛毒】【酩酊】【衰弱】という三重状態異常を与える。

  • 火炎放射
レイとの一騎打ちの際に発射した火炎ブレス。
純粋なダメージを与えるための攻撃用のスキル。

来歴

ティアンの馬車隊を襲っていた部下のゴブリン達がレイ達によって殲滅された光景を見て上空から襲撃、護衛のティアンを一人踏み潰す。ティアンを殺害したことでレイ・スターリングの怒りを買い、彼からは「糞鬼」と吐き捨てられる。

序盤は瘴気によってレイを含む複数のティアン達を苦しめ、マリリンを戦闘不能にするなど大暴れしたが、マリー・アドラーの回復アイテムによって状態異常を克服したレイと一騎打ちとなり、ダメージを蓄積して放たれたヴェンジェンス・イズ・マインによって頭を吹き飛ばされるが前述の通り死亡せず、レイを吹き飛ばしアイテムの効果が切れて再び状態異常に罹った彼を追い詰める。しかし、マスターのピンチに呼応したネメシスが謎のシステムによって緊急進化し生まれた新形態のスキルによってまたも克服され、チェシャが助言した「鬼の心臓は腹の中」という言葉の真意に気づいたレイにコアの存在を看破される。再びダメージを蓄積してヴェンジェンスを放とうとするレイをフェイントを交えて止めを刺そうとするも、突如として放たれた超級殺しの援護射撃によって体勢を崩され、そのままヴェンジェンス・イズ・マインをコアに叩き込まれて完全に死亡した。

撃破したレイには特典武具【瘴焔手甲 ガルドランダ】が贈呈され、残されたクリムズン・ロックバードはルーク・ホームズによってテイムされた。

余談

各メディアによって容姿が微妙に異なっており、書籍版が西洋風のデザインなのに対し、漫画、アニメ、クロウレコード版ではより日本的な鬼のデザインになっている。

関連タグ

InfiniteDendrogram   UBM  

関連記事

親記事

UBM ゆーびーえむ

兄弟記事

コメント