ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日12月8日
身長吹奏楽部で2番目に高い
メイン楽器トランペット
サブ楽器フリューゲルホルン
好きな食べ物そば
好きな音楽クラシック・アンビエント
備考海外文学をよく読む


概要

SOULCATCHER(S)の登場人物で、鳴苑高校吹奏楽部の現部長。トランペットパートに所属している。
真ん中分けの前髪に、逆立った後ろ髪を持つ。

神峰翔太に見える「心」の形は「静かに強く輝く宝石を核に携えているハート
しかし出会った当初は、なぜか「表彰台の二番手に甘んじるハート」であった。

人物

気さくで人当たりの良い性格で、冷静に他者の気持ちを汲んで、その場の人間関係を円滑に進めることができる社交性を持つ。
顧問谺夕子曰く「他の誰よりも、誠実と真心を持って人と接してきた」ことが理由で部員達によって選ばれて、部長になる。

花見が好きなのだが、自らの発案で吹奏楽部全体のイベントにしたり、率先して場所取りを行ったりと謎の行動力を発揮する。お茶を両手に携えてしみじみと眺めるのが好みらしく、周りがあまりに騒がしいと苛立ちを隠せなくなる。
将来は幼稚園の先生を目指しているとのこと。

能力

演奏の腕前については同パートに圧倒的な実力者である音羽悟偉がいるためにそこまで注目されることはないが、少人数編成のアンサンブルコンテストで各楽器のパートリーダーたちに混じって選ばれるなど、実力は確かなものを持っている。
最大の武器は「安定感」と「存在感」。調和を取るのが抜群に上手い彼が全力で構えれば、共演者の「心」すら潰しかねない音羽の全力にも負けることなく並び立ち、パート全体の手綱をコントロールして音楽を成立させる力を持っており、金冠六重奏には演奏の上手さとは別の意味で必須と谺に言わしめている。

問題

彼の抱えている問題は「友人との向き合い方」
彼の所属するトランペットパートには、パートリーダーにして圧倒的な才能を持つ音羽がいた。同学年、同パートでありながら彼の音楽的才能に引け目を感じざるを得ず、その「心」は「二番手」という位置に堅く縛られており、神峰からは二番手の位置に甘んじるハートが「見」えていた。
さらに弱気な気持ちが他のメンバーにも伝播したことで、対等に音楽をしたい音羽はパートにいることが耐えられなくなってしまう。単独で「暴君」として振る舞うしかなくなった音羽を否定することで、音羽に次いでパート全体の士気を下げるもう一つの原因となっていた。

活躍

問題解決前

神峰が入部した日に初めて顔を合わせるが、中途半端な時期に指揮者を志望する神峰の入部を渋る谺に対し、苦言を呈しつつも入部できるよう、それとなくフォローを入れた。さらに安易な理由でパーカッションパートに入ろうとした神峰を叱り飛ばす打樋透もなだめている。
パーカッションパートの問題が解決したことで次のパートを選ぶ神峰に対し、トランペットパートへ来てほしいと提案。本気の助けを求める「心」を見た神峰はこれを了承し、パーカッションパートの問題に取り組むことになる。
父親の命令で部活を辞めた音羽を連れ戻すため、病院で一曲限りの演奏会を開くことになり、そこへトランペットパートも参加してほしいと神峰に頼まれる。真剣な表情の頼みに応えて了承するが、神峰と刻阪響が選んだ曲が音羽と刻阪、そして奏馬自身が並んでメインとなる曲であった。驚愕する中で神峰に自身の問題点を突き付けられて狼狽するも、刻阪の説得もあって仕方なしに引き受ける。
演奏会本番ではやはり気持ちが折れそうになるが、指揮をする神峰の言葉で音羽に勝るとも劣らない自分の武器と意識の過ちに気付き、自信を取り戻す。更には、演奏終盤に不調を来しかけた音羽を、神峰の視線から刻阪と共に咄嗟の機転を利かせてカバーしたことで、演奏会を大成功に収めた。
演奏後、音羽に対し手を差し出し、音羽は無言で奏馬とハイタッチを行うのだった。

問題解決後

問題解決以降は音羽との関係は改善される。変わったところでは否定していた音羽の他パートへの乱入を認めるようになり、音羽が見つけた気付きや改善点をバンド全体の実力向上へ還元させるようになった。
神峰の事も改めて認め、指揮者を目指す神峰が挑戦する様々な企画に、部長として出来る限り協力する姿勢を見せる。

トランペットパートの問題解決後のパートリーダー会議では音羽、打樋と共に神峰の支持を宣言した。
アンサンブルコンテストでは金管六重奏として音羽、金井淵涼星合美子管崎舞川和壬獅郎と共に挑み、県大会を勝ち抜く。
一方、木戸雅を「吹奏楽部には必要ない」と言い放った神峰に対し平手打ちを行い、仲間を侮辱した神峰を叱り飛ばす。その上で、他のパートリーダーと共に心から必要な言葉である「木戸は吹奏楽部に絶対に必要だ!!」だと言う言葉を神峰にぶつけたが、その言葉の瞬間に神峰の真意に気付き「俺は…なんてことを…!」と呟くと同時に、どこまでも人に寄り添おうとする神峰の姿勢に驚愕することとなった。
ロックフェス編では神峰主導の即興バンド『リンギン・ガーデン』に参加しなかったが、アンサンブルコンテストの練習が必要な中で音羽を引き抜かれても嫌な顔一つせず、むしろ神峰の背中を押す姿勢を見せた。
新年度では幼稚園の演奏会で、子供が苦手な音羽に代わってトランぺッターとして参加。
その後のスプリングコンサート、県大会、西関東大会では要所で活躍。
全国大会では和装をまとう本人の姿」に変化し、竹風高校の律田定義と張り合う。律田の扱う低音楽器の与える「安定感」に押される中、天籟高校の重松宏との一幕を思い返す。
部内の信頼度を高く評価している重松は、信頼度の演奏への反映に適している「支える」低音か「和音の核」となる中音が良いのではないかと提案される。説得力のある内容に考える中、神峰に「背の高い彼が座る位置が今の方が良いから」という音楽に関係あるのかわからない理由で肯定される。根拠のない理由に驚かれるが、物理的に殿に位置できることからトランペットがいいと思い直した。
そして急進的かつ破壊的ながらも信念と決意を伴い行動した神峰をどこまでも信頼したことを思い返しながら、「皆の支え」として存在感を示し、バンド全体に安定感と貫録をもたらしたことで、神峰が目指す「虹の音」のピースの一つとなった。
全ての戦いが終わった後、部長の在り方を教えられながら卒業を迎えなければいけないことを不幸と惜しむ律田に対し、神峰と伊調の戦いの一部始終を一番間近で、かつ一番責任ある立場で見届けられた自分たちこそが一番の幸せ者だと返し、律田を感服させた。

余談

名字には、曲を「奏でる」の言葉が入っている。

関連タグ

SOULCATCHER(S)

関連記事

親記事

SOULCATCHER(S) そうるきゃっちゃーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「奏馬俊平」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「奏馬俊平」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 299222

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました