ピクシブ百科事典

岩瀬愛子

いわせあいこ

漫画、アニメ『バクマン。』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1993年5月8日
星座牡牛座
血液型A型
出身地埼玉県
身長165cm
体重47kg
CV藤村歩


人物

サイコー達の中学時代の同級生で、中学時代はシュージンと学年トップを争うほどの優等生だった。
美人だが自分の才能を鼻にかけている雰囲気もあり、他の同級生達からは敬遠されていた。

高校時代には小説を書いており、『小説すばる新人賞』を受賞して出版業界の注目を集めつつある。ペンネームは秋名愛子
シュージンに好意を抱いていたらしく、中1の時にシュージンに握手を求めて彼がこれに応じたため、それ以来、自分の告白が受け入れられたものと勝手に思い込んでいた。

見吉vs岩瀬


そのため、見吉とは恋のライバル。
結局その恋は叶わぬものとなったが、大学進学後も彼に対して一途な想いを抱いていた。

仲良しさん


蒼樹とは同じ大学の先輩後輩の関係にあたる。
東応大学に進学してからもプライドの高さは変わらず、新妻エイジ達からは「昔(初めて会った頃)の蒼樹さんそっくり」と笑われることもあったが、その一方で「自分でやると決めたことは必ずやり通すタイプ」とも評価されている。
しかしそんな態度の裏でシュージン同様打たれ弱い繊細な一面もあり、一時「+NATURAL」が低迷していた頃は順位の下降に引きずられるかのように徐々に作品も勢いを失い、あと少しで筆を折りかねないほどにまで追い詰められてしまった。

元々は、自分の本の売り上げが「擬探偵TRAP」の単行本に遠く及ばないことを知ってもなお、漫画家小説家よりも劣った職業であると一方的に決め付け、あえて漫画原作に挑戦することでシュージンの気を引こうとした。それが漫画業界に来た切っ掛け。
初代担当は亜城木夢叶と同じく服部哲。ネームは書けないためストーリーを手掛けることになったが、その実力と挑戦する意気込みは服部を唸らせた。
初めて少年誌向けに書いた原作「+NATURAL」を、新妻がネームにして編集会議に出され、連載権を獲得した。

シュージンが香耶と結婚した後は、担当の服部に対して打ち合わせの度にアプローチをかけていた。
服部が亜城木の担当になってからは彼らを逆恨みし、ジャンプから彼らを引きずり下ろすことに躍起になったが、新担当の港浦に諭されてからはシュージンを激励したりアドバイスを送るなど、良きライバル関係を築きつつある。
作画担当の新妻とも最初は擦れ違いが多かったが、彼が自分の才能を認めていることを知ってからは積極的に接している。
また「PCP」に勝つために「CROW」と「+NATURAL」のクロスオーバー企画を行うことを、何日にもわたって申し入れた。この時、周りには岩瀬が新妻を口説いていると思われていた。

関連タグ

バクマン。 秋名愛子 小説家 

コンビ・グループタグ

+NATURAL組 福田組

カップリングタグ

新岩

pixivに投稿された作品 pixivで「岩瀬愛子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238122

コメント