ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「亂天地無道,君威臨;墜黑白無間,奉陰行。

嘆人鬼無常,天逆命;掌日月無極,帝皇令。」

概要

称号:鬼獄皇少(きごくこうしょう)


霹靂布袋戲」の登場人物。

霹靂天命之戰禍邪神Ⅱ破邪傳」の主要人物の一人。


閻羅鬼獄(えんらきごく)の竜の武将。君奉天と同じ顔を持つ。

正体は鬼獄の女帝が作った、君奉天の魂魄を納めるための器である。


戰禍邪神のタイトルと関わり、災いをもたらす星の一人「戰星(せんせい)」である。


プロフィール

性別
初登場霹靂天命之戰禍邪神 第20章
根拠地鬼獄孤峰、燭龍關
身分龍之子(君奉天の鬼魄の器)
化身紫聆兒、龍羿紫龑皇
恋人后鳳翎
家族神轅帝龍王(父)、黑宙獄龍皇(母)、夜風(弟)、仞利獄龍(弟)
友人慕夜笙、雲忘歸
組織閻羅鬼獄
上司魙天下
部下咒夜鵟人、鬼手肢解、叱顱童子、左將屹首、右將鐮封
武器黑龍矛、帝龍刃
所有物獄龍皇寶甲
ペット夜風(馬)

人物

黒い兜と鎧を身にまとう、クールで寡黙な武将。矛を武器とする。君奉天人覺の計略によって亡くなる際、魂が「聖魄」と「鬼魄」の二つに分けられた。聖魄は德風古道に残るが、鬼魄は閻羅鬼獄に入った。閻羅鬼獄の女帝・魙天下(さんてんか)が君奉天の鬼魄を、帝龍胤の体内に入れたことで、その容姿が君奉天と瓜二つになる。


過去

かつて二つの竜王が、激戦を繰り広げた末、閻羅鬼獄に封印された。女帝・魙天下は当時の戦いに残された龍珠(龍玉)と、鬼獄戦神の血液を「血元造生(けつげんぞうせい)」の術で、帝龍胤という生命体を作った。女帝に完全服従させるため、作成時に彼の視力を奪った。


女帝の手駒として、鬼族の武将として、軍を率いて奮戦した。帝龍胤は優れた武勇と功績から、「戦神」と呼ばれるようになる。その活躍により、鬼族は最終の勝者となり、女帝は正式に閻羅鬼獄の統治者になった。帝龍胤も戦で負った傷を癒すため、長い間に燭龍關で治療していた。


鬼獄皇少

君奉天の死後、鬼魄が帝龍胤の体内に入る。容姿が君奉天と同じになり、視力も取り戻した。君奉天は女帝・魙天下の実子であることから、帝龍胤が君奉天復活の器として、鬼獄の皇族「鬼獄皇少」となる。その破格な待遇から、部下たちや周囲の者から不満が募り、鬼獄での人間関係が悪い。


女帝の命令を受け、苦境神州に踏み入る。一つの目的は、君奉天の聖魄と融合させ、八歧邪神を倒すこと。もう一つの目的は、閻羅鬼獄の中原侵略を狙い、武林に戦乱をもたらすことである。だが君奉天の魂魄の影響により、帝龍胤の行動が牽制された。


鬼獄で唯一の親友として、御者の慕夜笙がいる。愛馬の夜風に対する優しさと真摯な態度から、帝龍胤と友好的な関係を築く。夜風が慕夜笙のおかげで落ち着くことから、二人は親しい友人になった。


武林での活動を経て、自身が女帝の手駒だったことを知り、女帝に反乱を起こす。戦いの際に、慕夜笙が帝龍胤を刺し、女帝から送った監視役であることを明かした。慕夜笙が行ったすべてが、帝龍胤を新たな君奉天として仕立てるためだった。親友の裏切りにより、帝龍胤が命を落とす。


関連タグ

霹靂布袋戲


君奉天

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 329

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました