ピクシブ百科事典

君奉天

くんほうてん

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「正天地所不正,判黑白所不判,犯人鬼所不犯,破日月所不破。
儒法、無情,法儒、無私。」

概要

称号:御命丹心(ぎょめいたんしん)、法儒無私(ほうじゅむし)

霹靂布袋戲」の登場人物。「霹靂天命之仙魔鏖鋒」シリーズの主要人物の一人。

儒門の剣術師範、普段は徳風古道の昊正五道を鎮守している。尊号は「法儒無私」。
まっすぐな性格で悪を決して許さない。天跡の弟弟子としても知られる。

もう一つの肩書は雲海仙門の正統継承者で、創始者・九天玄尊の息子である。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第22章
出身雲海仙門
根拠地昊正五道
身分昊正五道の「法儒無私」、雲海仙門少主
化身虎魁天虓皇
テーマ曲奉天逍遙
家族九天玄尊(父)、魙天下(母)、席斷虹(義妹)、玉離經(養子)
友人淨龍雲瀟、九月虹、殷商(仙海靈獸卷)
組織德風古道、雲海仙門
師匠九天玄尊
相弟子天跡、玉簫、雲徽子(雲海仙門)
弟子雲忘歸、邃淵
同僚映霜清、命夫子、俠儒無蹤、皇儒無上(昊正五道)
その他地冥帝龍胤
武器正法
所有物至衡律典(しこうりつてん)


人物

白髪白眉の剣客。常に儒門の書物「至衡律典」を所持している。儒教の組織「徳風古道」に勤めており、上層部「昊正五道」を守る役目を持つ。優れた人望と剣術で、部下や後輩たちから尊敬された。「法儒無私」という二つ名の通り、儒門では裁判官のごとく、事件を処理する時は決して私情を挟まない。

徳風古道で起きた「單鋒罪者」の事件にて、主事である玉離經の要請により初めて姿を現す。真犯人と黒幕を暴き出すべく協力し、見事に嫌疑者の邃無端の無罪を証明できた。

正体は雲海仙門の少主で、創始者の九天玄尊の息子である。少年時代の頃は正義感が強く血気盛んな性格で、兄弟子である天跡との仲が良く、二人合わせて「奉天逍遙」と称された。かつて「血河戦役」の頃、天跡とともに鬼麒主を倒すべく各地に奔走した。

しかし妹弟子・玉簫の死によりショックを受け、以降笑顔が出なくなり、天跡との関係が疎遠になった。天跡が閉じ込められていた間に、雲海仙門の継承者の資格を捨て、徳風古道に入り法儒の職に就く。やがて天跡が天堂之門から解放され、二人は再会を果たし、ほどなくして和解。以降武林に迫りくる危機に立ち向かうべく、二人が共闘する場面がよく見られる。

「血河戦役」時期にて孤児である玉離經を拾い、天跡とのジャンケンで負けたことで、彼の養父となった。玉離經が武林の戦乱に巻き込まれないよう、彼と過ごした記憶を封じ、一般人として育てるつもりだった。驚いたことに、成人になった彼は自力で徳風古道に入り、主事の座に上り詰め、封じられた記憶も徐々に蘇っていく。玉離經は二人きりになる時は君奉天のことを「亞父」と親しく呼んでいる。

斬魔錄」では偽の鬼麒主を倒した後、玉離經をかばうため法儒の職を辞し、至衡律典を徳風古道に返上した。その後、迫りくる天邪衆の脅威に対抗することに専念するが、雲海仙門と徳風古道を守ろうとして、人覺の策に嵌って一度死亡した。君奉天の死後、法儒の職は御鈞衡に引き継がれる。

余談

登場してから人気が高く、ポスター投票では兄弟子の天跡を追い抜いて1位の座に輝いた。

関連イラスト

君奉天
倦爹生賀-君奉天


関連タグ

霹靂布袋戲 天跡

裁判官 仙人

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「君奉天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16675

コメント