ピクシブ百科事典

雲徽子

うんきし

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「玉樹溶溶仙氣深,含光混俗似無心。
長愁忽作鶴飛去,一片孤雲何處尋。」

概要

称号:跡君(せきくん)
本名:默雲徽(もくうんき)

霹靂布袋戲」の登場人物。
霹靂天命之戰禍邪神」シリーズの主要人物の一人。

雲海仙門の指導者。天然で穏やかな仙人。
九天玄尊の死後、指導者の座を引き受け、雲海仙門の経営に力を尽くす。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒II斬魔錄 第02章
根拠地雲鯨島
組織雲海仙門
身分雲海仙門の指導者
友人未知、闇影
師匠九天玄尊
相弟子天跡君奉天、玉簫
弟子澡雪、秋水
同僚劫紅顏(媧皇仙統)
部下應龍無忌、麟鳳璇璣
その他峨茲(前世)
武器天鋒紫微垣、地鋒太微垣
所有物玉韜定勢


人物

雲海仙門の指導者である仙人、通称「跡君」。天跡君奉天ごと「奉天逍遙」の弟弟子として知られる。初期の造形は黒髪だった。

かつて動乱が起きた際、九天玄尊が死亡し、継承者にあたる兄弟子たちがそれぞれ仙門から離れていった。継承者なき今、雲徽子は雲海仙門の管理を引き受け、指導者となった。第七期雲生である澡雪・秋水たちの教師を担当している。しかし、授業内容が重複するなど、まともに授業することがほとんどなく、生徒たちからは不評らしい。

八歧邪神の復活を阻止できる人選の一人として、君奉天から「斬魔錄心法」を伝授される。その後、天跡君奉天の死をきっかけに、指導者の座を劫紅顏に譲り、武林に入る。この時期から、造形が白髪になるが、力を使い尽くした際は再び黒髪に戻る。

武林各地に封印された八歧邪神の龍首を消滅すべく、「天鋒紫微垣」・「地鋒太微垣」の二つの剣を手に、八歧邪神の部下である天邪八部眾たちと戦う。

霹靂驚濤」では、雲海仙門を守るために、奇夢人とともに迫り来る魔始の勢力と戦う。

人間関係

天跡:兄弟子。雲徽子のことを「小默雲」と親しく呼んでいる。修行時代の素行の悪さから、雲徽子もタメ口で冗談を挟みながら、天跡と会話する。だがそれ以上に、彼は小さい頃から、天跡たちに振り回されてきている。苦労する雲徽子だが、それでも天跡のことを「大師兄」と呼んで尊敬している。天跡から自分の大好物である粽をもらうところなど、親しい場面が見られる。

関連タグ

霹靂布袋戲 仙人

天跡 君奉天

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雲徽子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343

コメント