ピクシブ百科事典

天跡

てんせき

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「夙風寒,明月勾,豪傑照古城;
天有行,地無跡,千秋怎堪一劍掃,神毓逍遙。」

概要

称号:神毓逍遙(しんいくしょうよう)

霹靂布袋戲」の登場人物。「霹靂天命之仙魔鏖鋒」シリーズの主要人物の一人。

仙腳のいただきに立つ仙人。天地人三乗の一人であり、またの名は神毓逍遙
飄々とした性格で普段はよくふざけるが、武林の出来事に関心を持っている。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第20章
出身雲海仙門
根拠地仙腳(せんきゃく)、雲漢仙閣、蒼崖雲樹
身分天地人玄黃三乘の一人
化身鳳鳴玉鶠皇
テーマ曲奉天逍遙
兄弟玉簫(妹)
友人大漠蒼鷹俠菩提
師匠九天玄尊
相弟子君奉天、玉簫、雲徽子
同修地冥人覺(玄黃三乘)
部下天下第三人、品愁惶、問仙籙、孤蹤隱影
その他神愆
武器神諭
所有物醉逍遙(拂塵)、逍遙遊、霹靂號、狼牙通天繖


人物

神秘な石柱・仙脚の主。天地人三乗の一人である白髪の仙人。「仙魔鏖鋒」シリーズでは素還真不在の時期に中原正道を支えた。長い年月を渡って天堂之門の中に閉じ込められたが、寄曇說によって解放され、初登場時は大漠蒼鷹の出場詩を詠んで降臨した。

冗談好きな性格で、敵味方問わずふざけることが多く、ギャグシーンもたくさん存在している。一度六銖衣を成りすまして敵を翻弄したこともあった。雲徽子曰く、実は喜びを仲間に与え、悲しみを自分の中に引っ込める性格である。

登場の前後から秦假仙、劍非道孤星淚など多くの人たちを助けた。それから武林各地に起きた災害や事件を解決すべく行動し、黒幕である地冥と鬼麒主と対抗し続けた。

本名は玉逍遙(ぎょくしょうよう)。少年時代から雲海仙門で修行し、九天玄尊はそのすぐれた素質を見抜き、天地人玄黄三乗の一人に選ばれた。その後地冥人覺とともに修行を積んだことで、「天跡・神毓逍遙」を名乗るようになる。

食事シーンが多く、鶏肉やソーセージ、そして叉焼包(チャーシューを具にした肉まん)が好みである。仙脚の上でバーベキューパーティーを開催したことがある。

人間関係

君奉天:弟弟子。仲が良く、二人合わせて「奉天逍遙」と称された。血河戦役の頃、妹・玉簫の死により、関係は疎遠になり、天跡はほどなくして天堂之門に閉じ込められた。天堂之門から出た天跡が君奉天と話し合ったことで、ようやく和解。以降二人が共闘している場面がよく見られる。

地冥天跡のクローンで、最初は彼を仇敵とみなした。かつて逆鱗之巔での決戦で引き分けとなり、互いに治りづらい傷が残った。地冥が各地で災害を起こす中、天跡は武林を守りながら、彼との再戦を望んでいた。「斬魔錄」中盤で九天玄尊に封じられた一部の記憶がよみがえられ、その真の目的を理解し、天地人三乗はともに新たな敵と立ち向かう。

跡魔

天跡は聖と邪の力を両方受け入れられるという、特殊な体質を持つ。九天玄尊がそれを見抜き、彼をベースに地冥を創造した。天跡が聖の力を受け入れ、正道としての修行を励むのに対し、九天玄尊が地冥に血闇の力を与え、闇の殉道者として育て上げた。

かつての「血河戰役」時期に、東瀛百妖卷の大妖怪・冥霾邪滍(めいばいじゃち)が雲海仙門に侵攻した。天跡は冥霾邪滍の退治に成功するが、同時に冥霾邪滍の体内に潜む「眾天邪王」の邪魂に憑りつかれる。

師匠・九天玄尊はその邪魂を「跡魔」と記載する。邪魂に憑りつかれた天跡は、邪の力を受け入れ、無意識の状態で九天玄尊を殺した。その後、「跡魔」の動きが止まり、天跡はこれに関する記憶も封印された。

斬魔錄」終盤にて、天跡が人覺の策略により、越驕子と共に命を落とした後、「跡魔」が再び動き出す。邪魂が彼の死体を完全に乗っ取り、「破邪傳」では眾天邪王・神愆として降臨する。

関連イラスト

天跡 神毓逍遙
天迹-神毓逍遥


関連タグ

霹靂布袋戲 仙人

天地人玄黃三乘

天跡地冥人覺

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天跡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16040

コメント