ピクシブ百科事典

人覺

じんかく

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「一覺遊仙好夢,任它竹冷松寒。軒轅事,古今談,風流河山。
沉醉負白首,舒懷成大觀。醒,亦在人間;夢,亦在人間。」

概要

称号:非常君(ひじょうくん)

霹靂布袋戲」の登場人物。「霹靂天命之仙魔鏖鋒」シリーズの主要人物の一人。

天地人三乗の一人、またの名は非常君。「人之最」の天命を持つ寄曇說を補佐し、苦境人界の平和を保つ役割を持つ。かつて天跡地冥が決戦する時、立会人として見届けた。二人が再び争わないよう、現状維持させるつもりだが……。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第27章
本拠地覺海迷津、明月不歸沈
身分天地人玄黃三乘の一人
家族越驕子(弟)
友人庭三帖
同修天跡地冥(玄黃三乘)
従者習煙兒(鬼体)
所有物華傘


人物

黄色い衣装を身に纏う金髪の仙人、常に傘を背負っている。「非常君」は称号であると同時に本名でもある。博識であり、美食家としての側面を持つ。初登場時は月夜に金の雨を降らせ、傘を回転しながら降臨した。

武林各地に災害が起き始めた頃、天跡は真っ先に地冥の仕業だと断定し、地冥を止めるべく動き始めた。しかし天地人玄黄三乗はもともと苦境の三界(天界、人界、冥界)の秩序を保つ役割であり、天跡地冥と再び衝突したら、バランスが崩れてしまう。人覺は二人の友人の争いを恐れ、止めようとしていた。

しかし次第に地冥の計画が激しさを増していき、寄曇說にまで影響を及ぼしてしまった。
この状況を見た人覺はやむを得ず、ついに武林の動乱に介入し始めた。

「人之最」である寄曇說を補佐する役割だが、「人之最」の天命を果たすためには時間がかかるため、人覺は常に寄曇說を陰から見守っており、直接協力することはほとんどない。

徳風古道で起きた単鋒罪者の件に関心を持ち、キーパーソンである邃無端と劍咫尺の境遇に同情を抱き、気にかけた。この事件の黒幕である鬼麒主(偽者)と何らかの関係があるらしく、「斬魔錄」では天跡地冥に疑われ、問い詰められた。これにより天地人三乗の関係は険悪になっていく。

友人の庭三帖からも彼の不自然な点に気付き、ますます疑惑が深まる人覺だが、彼が隠していることは果たして……。

関連タグ

霹靂布袋戲 仙人
寄曇說

天地人玄黄三乗

天跡地冥人覺

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「人覺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40

コメント