ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「問道不知何處尋,行路蒼茫但由心,
海深峰遠總成幻,千秋唯奉一劍吟。」

概要

称号:隱鋒深鳴(いんほうしんめい)

霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
霹靂天命之仙魔鏖鋒」、「霹靂天命之仙魔鏖鋒II斬魔錄」などの作品を主に活躍した。

儒教組織「德風古道」の剣士。性格は純粋で正直者。單鋒劍の剣術に優れ、單鋒劍境「隱流單鋒」の創始者でもある。命夫子の下で修行を経て、兄の劍咫尺と共に「昊正五道」の劍儒の継承者になる。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第23章
身分單鋒創者、劍儒の継承者
根拠地煙雨寄亭、葬劍墳
家族邃淵(父)、席斷虹(母)、劍咫尺(異父兄)
友人墨傾池、樂尋遠
組織德風古道
師匠君奉天、命夫子(先輩)
同僚玉離經、雲忘歸、慕靈風、敬天懷
武器長淵龍潛


人物

儒教組織「德風古道」の剣士。趣味は剣道の研鑽で、單鋒劍境「隱流單鋒」を独自で開発し、その流派の起源となる。両親の過ちと、自身にかけられた容疑から、最初は地位の低い儒士だった。

母の席斷虹は劍族の出身。劍族の者は剣術に優れており、邃無端の異父兄に劍咫尺がいる。純粋で正直者な性格で、墨傾池が手段を選ばいほど、守りたい親友である。物語の進行につれ、徐々に成長していき、やがて劍咫尺と共に「昊正五道」の剣儒の継承者になる。

経歴

單鋒罪者の容疑

邃無端の両親はかつて德風古道に所属し、仏教道教の人々と共に、三教の聖剣「天可明鑒」の守り人を務めた。越驕子の計略に嵌められ、仏教道教の人々が殺され、聖剣も行方不明になる。現場に残った單鋒劍の痕から、両親に容疑がかけられた。これが德風古道で起きた「單鋒罪者」の事件である。

責任を取るため、父親は自害し、母親は德風古道から去る。邃無端も両親の罪を償うため、自分を数百年間、洞窟に封印した。親友の墨傾池はその無実を証明すべく、單鋒劍術をあらゆる方法で極め、彼を洞窟から救出する。

單鋒劍術に優れる邃無端は、救出後も周りの人から、事件の容疑者と疑われた。墨傾池が努力の末、德風古道の間者を暴くことに成功し、無実が証明された。だが邃無端は越驕子の陰謀に嵌められ、暴走した状態で、親友の墨傾池を誤って殺してしまう。

劍儒の継承者

正気を取り戻し、墨傾池の死に深く悲しむ邃無端。そのような中で、「昊正五道」の劍儒・命夫子と出会う。劍咫尺と共に命夫子に師事して、剣魂を受け継ぎ、さらに実力を高めていく。命夫子が八歧邪神の邪気に侵食され、やがて命を落とした。

命夫子の死後、劍咫尺と共に劍儒の継承者になる。德風古道の上層にある昊正五道を守りながら、八歧邪神の勢力と戦う。八龍山の決戦では、莫召奴たちの召集で、單鋒劍の代表者として参戦した。

霹靂魔封」では三教(仏教道教儒教)の間に戦争が起きてしまう。邃無端は德風古道の一員として、熾煉界の魔族と戦いながら、道教の軍勢と交戦した。一連の事件を経て、德風古道が平和を取り戻す。邃無端は玉離經と共に、德風古道から去り、旅に出る。

関連タグ

霹靂布袋戲

墨傾池 玉離經

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「邃無端」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162

コメント