ピクシブ百科事典

玉離經

ぎょくりけい

台湾の人形劇「霹靂布袋戲」シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「離一己之知,經萬眾之義,辨古今之思,志聖賢之期。」

概要

称号:千載明道(せんさいめいどう)

霹靂布袋戲」の登場人物。

儒教の組織「德風古道」の主事。
フランクな性格で、身分問わず誰にも気さくに接する。一方、重大な事件に対しては厳しく、深謀遠慮な一面も見せられる。

魔族と鬼族の血統を併せ持ち、親は閻羅鬼獄出身の鬼麒主である。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第12章
根拠地粹心殿
身分德風古道主事
家族鬼麒主(父)、寰靈(母)、君奉天(亞父)、天跡(義父)
組織德風古道
同僚墨傾池、雲忘歸、敬天懷、御鈞衡邃無端(儒門の人)
部下疏道譴、御鈞衡、樓千影、浩青冥、尚雲冠、向天嶽など多数
その他君奉天、映霜清、命夫子、俠儒無蹤、皇儒無上(昊正五道)
武器玄景天懷(げんけいてんかい)


人物

「德風古道」の主事。華やかな衣装を着飾る。
穏やかな性格だが、剣術の腕前も一流である。儒教の剣術奥義「天衣無縫」を会得しており、「天衣無縫」を極めた敬天懷と互角に渡り合えるほどの実力を持つ。

「血河戰役」時期に生まれ、親である鬼麒主が戦乱に紛れて、まだ赤子だった玉離經を捨てた。奇しくも親の宿敵である天跡君奉天に拾われた。天跡らに愛されるが、武林の争乱に巻き込まれないよう、君奉天によって天跡たちとの記憶を封じた。

君奉天の手配で、玉離經は平民の老夫婦の元に育ち、平凡に暮らした。しかし記憶の封印が徐々に解かれ、玉離經はやがて君奉天のあとを追って德風古道に入り、武林の戦いに足を踏み入った。

武林で戦争を引き起こし、悪事を尽くした実の父である鬼麒主に対し、武林で起こった幾度もの災害に立ち向かい、正義の側として成長した玉離經。
霹靂天命之戰禍邪神」シリーズでは鬼麒主と再会し、葛藤する場面が見られる。

人望があり、德風古道の人々にも愛された。君奉天のことを「亞父」と親しく呼んでいる。

余談

名前の元ネタは中国の四字熟語「離經辨志」からとったもので、出典は実在する儒教の書物《禮記·學記》。書物を深く読むことで、自分の志向をはっきり見抜けることを意味する。

関連タグ

霹靂布袋戲 君奉天

儒教

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「玉離經」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1602

コメント