ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

霹靂布袋戲」の登場人物。

霹靂天命之戰禍邪神」シリーズを主に活躍した。


儒教の組織「德風古道」の文輔。控え目な性格。

向上心があり、君奉天に憧れ、彼を目標に精進する。

君奉天が去った後、多くの試練を経て、晴れて昊正五道の「法儒」の職位を引き継ぐ。


メイン画像左は初期「仙魔鏖鋒」の姿で、

右は「戰禍邪神」以降、法儒を引き継いだ姿である。

プロフィール

性別
初登場霹靂天命之仙魔鏖鋒 第42章
退場霹靂天命之戰禍邪神Ⅱ破邪傳 第39章
根拠地粹心殿
身分德風古道の「文輔」、昊正五道の「法儒無私」
組織德風古道
恋人慕靈風
上司玉離經
同僚雲忘歸、樓千影、浩青冥
武器思齊
所有物聚神丹

人物

「德風古道」の儒士。黒髪に白い服をまとう。前任の文輔・賦思韻が敵側の間者で、正体が明かされた際に自害したため、彼女に代わって文輔を就任した。文官の仕事以外に、德風古道で薬草を育てる面も見られる。薬草から薬を作り、戦闘で傷を負った儒士たちに提供させた。


最初は武芸など、特筆すべき点がないという、いわゆる名前があるモブキャラだった。しかし物語が進むにつれ、徐々に成長していき、最終的に德風古道の重鎮になる異例な人物である。


かつて喧嘩中の民に仲裁を入れた時、喧嘩に巻き込まれたところ、慕靈風に救われる。このことから、慕靈風に恋慕の情を抱く。彼女の凛々しい姿を見て、自分も剣を持って、民を守りたいと思うようになる。


君奉天の死後、次期法儒の選抜戦に参加し、数々の難関を勝ち抜いた。皇儒無上の命により、君奉天が遺した「至衡律典(しこうりつてん)」を引き受け、次期の法儒を引き継ぐ。この時に戦力が大幅に上昇し、德風古道を守る重鎮になる。


法儒になった彼は、慕靈風と鳳儒の映霜清が同一人物であることに気付く。慕靈風への恋慕は変わらずだが、迫り来る敵襲に備え、彼は職務を優先にした。天邪八部眾の襲撃を幾度も撃退するなど、活躍を見せた。慕靈風と同僚となってから、二人の距離は徐々に縮め、ついに恋人同士になる。晴れて德風古道公認のカップルとなった。


八歧邪神が復活した頃、德風古道が殲滅の標的となった。儒士たちを脱出させるために、一人で八歧邪神が放った邪気の壁と立ち向かう。重傷を負ったまま、すべての邪気を吸い込み、犠牲となった。彼の死は、慕靈風を大きく悲しませた。


余談

法儒になった時の造形は、「霹靂經武紀之梟皇論戰」時期に登場した任雲蹤の姿に酷似している。そちらは道教組織「登道岸」の道士で、御鈞衡との接点がない。


関連タグ

霹靂布袋戲 玉離經 君奉天


儒教

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました