ピクシブ百科事典

有里紅良

ありさとあから

日本の漫画原作者。創作集団「ら・むうん」初代代表
目次[非表示]

日本の漫画原作者。1961年8月30日生、北海道出身。女性。

創作演劇集団「ら・むうん(La・Moon)」の初代代表。同団体メンバーである漫画家の夢来鳥ねむとのコンビで知られている。電撃文庫にていくつかの作品を出しているラノベ作家でもある。

ら・むうん関係者および同団体のファンからは「紅良ママ」という愛称で呼ばれている。

執筆されている作品(夢来鳥との共著によるものすべてを含む)は、ほぼ全て(ヒーロークロスライン企画作である『セイル』を除く)において一定の世界観を持つ共有設定の下に制作されている。

人物

元々は虫プロ(新社)におけるフィルム編集担当のアニメーター(フィルム技師)として業界に携わり、これと並行して水木しげる作品を対象とした同人活動を行っていた。

が、同人作品の制作中、こだわりすぎた結果として暴走。ダイナビジョン(いわゆる止め絵による紙芝居方式の、アニメ一歩手前状態な映像作品)の制作に乗り出し、アニメーターとしてのコネクションを爆裂させ、制作サークルのスーパーバイザー(ご意見番・指導役)として水木しげる先生ご本人や田の中勇氏を招聘して、両者からの直接指導を賜ってしまう。
と、いうワケで実質、水木しげるの弟子のひとり、と見なされていることもある。そのため作風やテーマなどは水木作品から継承されたものが多く、主には「まつろわぬものたちとの共存」や「未知なるものへの隣人としての畏敬」が主要素として挙げられる。それらを水木作品以上に特に女性にとっつきやすいように現代ナイズ(もっと有体に言えばお姉さま向けに)したものが「ら・むうん」(有里)の作品である、とも言われている。
特にら・むうんの作品に頻出している近江真吾ディアール・オーク(松宮弦也)といったチート系のキャラクターは、それを象徴する存在でもある。

また、このダイナビジョンシリーズの制作にあたり演者を広く求めようとオーディションすら行った。この時、企画に賛同し仙台からやってきて猫娘役を射止めた女学生が後の夢来鳥ねむである。

結果、この同人活動が後の演劇集団「ら・むうん」の基礎となっている。後に夢来鳥が漫画家として賞を取りデビューした事をきっかけに「ら・むうん」は、同人サークルから夢来鳥の活動をサポートする創作団体(シンクタンク)および所属メンバーが制作した作品の著作権管理団体として行動するようになっていき、有里はその団体の代表として夢来鳥作品の漫画原作や小説作品を執筆するようになる。

1990年代後半に入りアニメ制作がデジタル化し、フィルム編集の意義が薄れてしまった事を期にアニメーターとしては引退し、作家活動に専念するようになる。
なおフィルム技師としては虫プロのみならず、マッドハウスの作品にも名義が出ている人物でもある。気になる人は本名の「伊藤勇喜子」でフィルモグラフィーをググってみよう。有名どころでは『魔物ハンター妖子』や『劇場版 ケロちゃんにおまかせ!』が編集参加作の代表例として挙げられる。

1999年、乳がんの罹患が発覚。一時は治療により平癒に至ったものの2006年に再発。病床にて病と闘いながら創作活動を続けるも2015年7月2日に逝去に至る。そして同年の11月30日に、師である水木しげるも同じように旅立っていった。ファンの間ではママは敬愛する我らが御大(水木)の露払いのために旅立って行かれたのだ とも言われている。

主な作品

執筆ラノベ


原作担当作

以下すべて夢来鳥との共著


演劇作品

  • なぞらえ屋


原作協力作


関連タグ

夢来鳥ねむ 水木しげる
マンガ図書館Z(後述)

マンガ図書館Z

マンガ図書館Zに無料公開の配信作品がある。

配信作

マンガ図書館Z:「有里紅良」作品掲載ページ

『Under Heavens ふぁみりぃ』

  • 第1話「ポケットの喚び声」原作担当(作画担当は夢来鳥ねむ
  • 第2話「紅の傷痕」小説本文執筆(挿絵は夢来鳥ねむ)
  • 第3話「コレクター症候群」小説本文執筆(挿絵は夢来鳥ねむ)
  • 第4話「万華鏡の窓」小説本文執筆(挿絵は夢来鳥ねむ)

外部リンク

有里紅良 - Wikipedia

ら・むうん畑
有限会社La・Moon公式サイト
有里紅良Twitter

関連記事

親記事

原作者 げんさくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「有里紅良」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 542

コメント