ピクシブ百科事典

木下一平

きのしたいっぺい

木下一平(芸名:バット)はゲーム『逆転裁判2』に登場するキャラクター
目次[非表示]

※芸名だけで検索した場合、各種作品のバットと混同するおそれがあるため、
 可能な限り、逆転裁判というキーワードを入れるか、本名で検索することを推奨

概要

タチミ・サーカスのアクロバットパフォーマンス芸人。
兄であるアクロとコンビを組んで活動し、
本編開始より半年以上前は息のあったパフォーマンスで人気を得ていた。

しかし、事件の半年前にある事故が原因で意識不明の重体となってしまう。
どうやらミリカとは仲が良かったようだが…

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
逆転裁判 ミリカ 木下大作(アクロ) 成歩堂龍一











※以下、物語に関わる重要なネタバレが含まれます。














半年前の事故

からかい合う仲だったミリカとバットであったがある日、バットはミリカにある賭けを持ちかける。「自分がミリカのかわりに芸をやったら一緒に映画に行こう」と。その芸というのがレオン(※サーカス団にいたライオンのこと)の口に頭を入れる芸であった。

賭けに応じたミリカであったがこの時、ミリカは以前にやられたイタズラをバットのスカーフに仕込んだ。これが悲劇の引き金であった…。
そうとは知らずバッドがレオンの口に頭を突っ込んだ瞬間、スカーフの仕掛けが原因でレオンは笑ったかのように顔を歪め、噛みつかれる事故に巻き込まれてしまった。このことが原因で彼は延髄が傷つき、昏睡状態のままであった。とっさに助けに入ったアクロも脚に怪我を負ってしまい、車椅子生活を余儀なくされた。

事故の後、レオンは立見七百人の手で射殺された。

この事故こそ、第3話の重要な手がかりとなる。

コメント