ピクシブ百科事典

木下大作

きのしただいさく

「木下大作」とは、ゲーム『逆転裁判2』に登場するキャラクターである(メイン画像左側)。
目次[非表示]

概要

声:中務貴幸(テレビアニメ版)

逆転裁判2』第3話の登場人物。26歳。
サーカス団「タチミサーカス」に所属するアクロバット芸人。通称アクロ。
団長・立見七百人の甥で一平(通称バット)という弟がおり、親に捨てられた自分たちを引き取って育ててくれた団長に大きな恩を感じている。
半年前に起こった練習中の事故で脊椎を損傷し、下半身麻痺となった現在は車椅子でのリハビリ生活を送っている。
大らかで落ち着いた性格で、サルのルーサーをはじめ動物に好かれやすい人物の様子。
日頃から団員との衝突が絶えないマックスの態度には問題があると指摘しつつも、彼のプロ意識の高さを認めており、「うちに来てよかった」と語るなど他の団員達とは違う雰囲気を醸し出している。

名前の由来は、実在のサーカス団「木下大サーカス」から。

別名・表記ゆれ

アクロ:こちらは重複が多いため、タグは本名の木下大作がお勧め。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
逆転裁判2 ミリカ 木下一平(バット) 立見七百人 成歩堂龍一


























※ここから先はネタバレを含みます。ネタバレを避けたい方(特にゲーム未プレイの方)は閲覧しないことをおすすめします。






















ネタバレ

第3話における真犯人。

事の発端は、半年前に起きた事故によって弟の一平が意識不明の重体に陥ったことにある。
一平は団長の娘であるミリカに惚れており、彼女の気を引くためによくイタズラをしていたという。ある日、ミリカはコショウを使った一平のイタズラで盛大にクシャミをして皆に笑われ、その仕返しとしてコショウをたっぷり振りかけたスカーフを一平に贈った。
だが、一平はそれに気付かず、ミリカと「レオン(当時サーカスで飼っていたライオン)の口に頭を出し入れする芸が成功したら一緒に映画に行く」という賭けをし、スカーフを首に巻いたままレオンの口の中に頭を突っ込んだ。その結果、レオンはスカーフに付着したコショウのせいでクシャミをした拍子に一平の頭に噛みついてしまう。一平は一命を取り留めたものの意識不明の重体に陥り、現在もなお病院で眠り続けている。事故が起きた時、大作は弟を助けようとしてレオンに飛びかかったが、返り討ちに遭って車椅子での生活を余儀なくされ、兄弟そろってアクロバット芸人として再起不能になってしまった。事故の後、レオンは団長の手で殺処分されている。

ミリカに悪気がないことは大作にも分かっていたが、事故から半年経った今もなお自分があの事故を起こしてしまったことに気づかず、無邪気に笑って日々を過ごしているミリカを大作は許すことができなかった。事件当日、大作は朝食を運んできたミリカのポケットに呼び出しのメモを忍ばせるのだが、それが自分宛とは思わなかったミリカが食堂の掲示板に貼ってしまい、それを見た団長は娘の代わりに宿舎前の広場へと赴き、そして殺害されてしまった。

大作の犯行はルーサーがたまたま食堂から持ってきたマックスの胸像を、3階にある自分の部屋の窓から落とすというシンプルなものだったが、足が悪いために窓から身を乗り出して広場にやって来た人物を確認することが出来なかったため、大作は団長の遺体が発見されるまでミリカを殺害したと思い込んでいた。
自分が恩人である団長を殺害してしまったと知った大作は自殺や自首を考えたが、眠り続けている一平を待つために、団長殺害の容疑をかけられたマックスに罪を着せようとした。しかし、狩魔冥の突然の家宅捜索で凶器の胸像を処分する機会を失ってしまい、車椅子に胸像を隠したまま証人として出廷したことを成歩堂に見抜かれ、自身の犯行を認めると共にマックスに謝罪した。

pixivに投稿された作品 pixivで「木下大作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 827

コメント