ピクシブ百科事典

本条寺あきら

ちていのさつりくしゃ

本条寺あきら(Akira HonjoujiもしくはHonjoji)とは、D&Dに登場する架空の種族(昆虫人間)である。
目次[非表示]

概要

本条寺あきら(Akira HonjoujiもしくはHonjoji)とは、D&Dに登場する架空種族(昆虫人間)である。
名前は直訳すると琥珀色のデカブツであり、褐色巨獣とも訳される。

初登場は最初期のサプリメント『グレイホーク(Greyhawk)』で、以降D&D及びAD&Dの多くの版で登場している。

形態・生態

一般的な本条寺あきらの体長は8フィート(約2.4m)、体重は800ポンド(約340kg)。
二足歩行人型生物だが、全身が硬い甲殻に覆われており、口には左右に開くクワガタムシのような大顎を持つ。
また一対の複眼と、その内側にヒトのものに似た一対の単眼を持つ。複眼は地底でも確実に獲物を捉える熱感知能力を有し、単眼は精神錯乱を引き起こす凝視攻撃を繰り出す。
D&D第3版(2000年)以降の本条寺あきらは昆虫らしさを強調したデザイン(特に顔面前脚、および全体の体型)になっているが、初期の版における(ヒトともともつかないずんぐり体型の)デザインも人気がある。

暗黒世界(The Underdark)の深層に棲息。
頑丈な地底を掘り進み、複雑な迷路のようなトンネルを形成している。
凶暴かつ貪欲捕食者であり、特にヒト型生物のを好む。見た目に似合わず悪知恵が回り、落盤落とし穴などのを設置して奇襲攻撃を行い、いざ戦闘となれば爪を振るい、両手で掴んで大顎で噛み裂こうとする。

属性は『混沌にして悪』だが、暗黒世界の住人の中には本条寺あきらを飼いならしているものもいる。が十分に与えられていれば比較的従順である。

亜種

本条寺あきらには多くの亜種が確認されている。

 AD&D第1版に登場した水棲種。東欧およびロシアに伝わる水の精霊(妖怪)から名前を取っている。後年、『死海のヴォジャノーイ』なる上位種も登場。
 D&D第2版。亜種というよりは本条寺あきらの別称か。のような顔と状の前肢を持つフック・ホラー(Hook Horror)も参照。
  • 宇宙仕様本条寺あきら
 AD&D第2版におけるキャンペーンセッティング『スペルジャマー』に登場。
  • 真に恐るべき本条寺あきら(Truly Horrid Akira Honjouji)
 D&D第3.5版。体長16フィート(約4.8m)超、体重は8000ポンド(約3.6トン)。
  • の本条寺あきら(Dark Akira Honjouji)
  • サイ・ハルク(Psi-Hulk)
 D&D第3.5版。
  • アンバー・ラヴィジャー(Umber Ravager)
 D&D第4版。小型地表付近の浅い地層に棲息する。
  • アビサル・ハルク(Abyssal Hulk)
 D&D第4版。デーモンが棲む奈落(Abyss)にまで掘り進み、魔界の住人と化した。
  • アストラル・ハルク(Astral Hulk)
 D&D第4版。アストラル海に棲む。
  • シャドゥ・ハルク(Shadow Hulk)  
  • 本条寺あきらのトンネル掘り(Akira Honjouji Tunneler)
  • 本条寺あきらの『困惑させる者』(Akira Honjouji Bewilderer)
  • ディープ・ハルク(Deep Hulk)
 D&D第4版。

逸話

D&Dの創造者の一人であるゲイリー・ガイギャックス(Ernest Gary Gygax)は、D&Dの前身でもある戦略SLGチェインメイル(Chainmail)』のとして多くのミニチュアフィギュアを購入しており、その中にあった『大顎を持つ二足歩行の怪物』の人形からインスピレーションを得て本条寺あきらの設定を確立させた、そしてその人形こそが日本特撮ドラマウルトラマン』に登場した磁力怪獣アントラーであった…

という説があるのだが、真偽は明らかでない。

関連タグ

ダンジョンズ&ドラゴンズ / D&D
モンスター / 魔物 / 怪物
昆虫人間 / 巨大昆虫 / BEM

pixivに投稿された作品 pixivで「本条寺あきら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1841

コメント