ピクシブ百科事典

カーラ(VIPER)

ひげきのひろいん

(※この記事は性的な内容を含みます) アダルトPCゲーム『VIPER -RSR-』の登場人物。 ここでは登場作品『VIPER -RSR-』についても記述する。
目次[非表示]

注意!
この記事はVIPER -RSR-を実際にプレイしていない者によって作成されました。
プレイ経験者、もしくは設定原画集等を保有している方による加筆修正が求められます。

概要

アダルトPCゲーム『VIPER -RSR-』のメインヒロイン
登場タイトルが少ない割に人気は高く、『悪魔カレラ』『藤堂あすか』『本条寺あきら』『ライカ・グレース』と並びシリーズの看板ヒロインのひとりに数えられる。
pixiv上でも投稿作品は多いが、元ネタが成人向けなだけに多くはR-18

設定

アリタリア王国精騎軍所属。
純血の精騎族で魔力を操り、技にも秀でている精騎士

ベローチェ率いる魔族たちに苛烈な陵辱を受け一度は廃人同然となるも、戦友であるエラン(主人公)に救出され、雷の宝玉により回復

なお、命名はランボルギーニ・カーラに由来するという。

容姿

精騎族の特徴としてエルフ耳
ピンクショートカットでかなりのくせっ毛、瞳は緑色
アリタリア王国には巨乳美女が多いらしく、カーラも例外ではない。

服装(装備)は作中で何度か替えているが、基本デザイン白シャツに赤い付き胸甲前垂れ付きTバックブーメラングローブサンダルと、地味に露出度が高いもの。
チョーカー腕輪などのアクセサリーも身に着けているが、お洒落なのか何らかの実用的な魔力がこめられているのかは不明。

VIPER -RSR-

VIPERシリーズ初の、そして最後のRPG
『Vシリーズ』『Tシリーズ』『Fシリーズ』『Mシリーズ』に続く新機軸の『Rシリーズ』としてスタートしたが、RSRのみで終わってしまった。

キャラクターデザインと原画は桂枝毛(桂の別名義)、シナリオは代表取締役社長P・ウォリアー。
ただしこの両者は開発初期の段階ですでにほぼ絶縁状態に到っていたという説もある(要出典)。

当初は1999年末の発売が予定されていたが、延期に延期を重ね2002年7月31日発売。
作画の遅延が最大の原因である、とはP・ウォリアーの弁。
カーラのデザインは早くから公表されていたため、結果として知名度が上昇している。
2001年6月22日発売の『タイピングVIPER』には一足早くカーラが登場。

ユーザーからの評価としては

といった厳しいものが多く、(上記の開発陣不仲説も含め)SOGNAブランドの終焉期を象徴するものともいえる(それでもGT1前後の騒動に較べれば常識の範疇ではあるが)。

逆に言い換えれば、この前後のタイトルや販促・アフターサービス・それらの告知も含めた全般において、ブランドの価値を維持できなかった製作側への不満が、RSRへの評価をことさら厳しくしているという解釈も成り立つ。

2003年6月20日には新たに中ボスキャラと濡れ場・エンディングを追加し、閲覧モードを搭載したDVD-ROM版が発売。パッケージイラストはいのうえたくやによる描き下ろし。

RSR以降、VIPERシリーズは『-M3- 3.2(2002年12月20日)』『-V6- R(2003年3月20日)』『-V8- R(2003年8月29日)』が発売されている。
『3.2』は1999年に開発中止となった『M3』からの仕切り直しであり、『V6R』『V8R』は初期『Vシリーズ』からのリメイク作であることから、RSRを『新作としては最後のタイトル』と呼ぶこともある。
が、『V8R』収録シナリオのうち一本は新作であるため、厳密には異なる。

関連タグ

カーラ VIPER(PCゲーム)
ファンタジー RPG
魔法剣士 エルフ
ピンク髪 翠眼 巨乳
魔族 陵辱 異種姦 NTR

pixivに投稿された作品 pixivで「カーラ(VIPER)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126097

コメント