ピクシブ百科事典

東成田駅

ひがしなりたえき

千葉県成田市に存在する京成電鉄東成田線・芝山鉄道線の駅。
目次[非表示]

概要

千葉県成田市成田国際空港敷地内に存在する京成電鉄東成田線芝山鉄道線の
1978年京成本線が当駅まで延伸された際に開業した。当時の名前は成田空港駅であり、1991年まで成田空港敷地内に存在する唯一の鉄道であった。
もちろん「スカイライナー」も開業時より乗り入れをしていた。
島式ホーム2面4線を有する地下駅であるが、現在は片側のホームは閉鎖され1面2線のみを利用している。閉鎖されたホームと線路は留置線として利用されることがある。
元々京成ではターミナル直下までの乗り入れを画策していたものの、当時は成田新幹線の建設計画が進んでおり、一私鉄であり新幹線と競合するとみなされた京成は、極めて不利な立地で空港側のターミナルの建設を強いられたのである。

肝心のターミナルまでは750mほど離れており(当時は第2ターミナルはまだ存在していなかった)、徒歩ないし有料の連絡バスでターミナルまで移動する必要があった。
そのため空港アクセスとして不完全な形とならざるを得ず、都心まで直通するリムジンバスに利用は押されていた。
さらに当時海外旅行はまだ一般化していなかった(海外旅行が庶民の手に届くようになったのは、1980年代半ばになってからのことである)こと、それ以上に成田空港自体がまるで戒厳令下の厳重警備で、とても気軽に近づける環境ではなかったこともあり、スカイライナーもほぼ終日空気輸送を続け、当然成田空港駅も殆ど人影はなく閑古鳥が鳴いている有様だった。
それでも海外旅行が一般化してからは、ようやく空港アクセスとしての地位を確立、バブル期の1990年当時は日12,000人の乗客があり、京成電鉄有数の利用者数を誇っていた。

成田新幹線の計画失効後、その用地を利用して京成電鉄JR東日本成田空港ターミナル直下まで乗り入れることが決まり、1991年に現在の成田空港駅が開業、当駅は空港アクセスとしての役割を終えて東成田駅に改称された。

1992年の空港第2ターミナルと空港第2ビル駅開業後、第2ビル駅まで繋る500mの連絡通路が完成し、2002年には当駅より芝山千代田駅に至る芝山鉄道線が開業、現在に至っている。

現在の乗客数は日1,000人を下回っており、日中の列車本数は40分間隔となっている。成田空港駅として開業した痕跡が駅構内随所に今も残されている。

隣の駅

京成成田駅 ← 東成田駅 → 芝山千代田駅

関連タグ

京成電鉄 京成東成田線 芝山鉄道
成田空港 空港第2ビル駅 成田空港駅 成田湯川駅
千葉県内の駅一覧 空港駅の一覧

関連記事

親記事

成田空港駅 なりたくうこうえき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東成田駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248

コメント