ピクシブ百科事典

東海北陸自動車道

とうかいほくりくどう

東海北陸道は名古屋から金沢・富山を結ぶ高速道路。
目次[非表示]

路線データ

路線延長184.8km
SA・PA数9か所(うち2か所は上下線で別名の名前あり)
IC・JCT数21か所(SIC含む)
4車線区間一宮稲沢北IC~飛騨清見IC,城端SA~福光IC
暫定2車線区間飛騨清見IC~城端SA,福光IC~小矢部砺波JCT(途中、4車線区間あり)
最高速度
  • 80km/h区間 一宮稲沢北IC~飛騨清見IC
  • 70km/h区間 飛騨清見IC~小矢部砺波JCT(暫定2車線区間)


概要

愛知県一宮市から富山県小矢部市までを結ぶ高速道路である。
一宮IC~白鳥ICまでは片側2車線であり、白鳥IC飛騨清見ICまでは現在は4車線工事を行っている最中である。

全線でトンネルが多く、上りは54本、下りは56本あるが、4車線工事によってはそれが更に増える可能性が高い。
なお、白鳥IC~飛騨清見ICまでは2019年(平成31年)3月20日まで松ノ木峠PA前後ののり面部分を除いて4車線化され、同年(令和元年)11月29日までに松の木峠PA付近を4車線化し、飛騨清見IC・JCT以南は全線4車線化された。

又、城端SA~小矢部砺波JCT間はトンネルがなく、拡張も容易だが、着工されていない。
城端SA~飛騨清見ICはトンネルが多く実際に事故も多い事から、交通量の問題でこちらも着工されていない。
故に、この区間は付加車線増設などで対象する予定となっている。
又、2019年(平成31年)3月29日に白川郷IC~五箇山ICまで授業認可を受けた他、同年(令和元年)9月4日に国土交通省が残りの暫定2車線区間についても10~15年を目処に4車線化する方針を示した。
その内、2020年(令和2年)11月7日に城端SA~福光IC間が4車線化された。

所要時間の問題でそれ程、差がない事から平日と飛騨観光客が多い休日で交通量に差があり、特に大型車の通行が非常に少ない傾向にある。
又、現状では暫定2車線道路が多いので本来は名古屋~富山・金沢を早く結ぶ役割が持てず、バスによっては北陸道周りも暫しある。
しかし、飛騨清見ICまで4車線化後は所要時間が大幅に短縮される見込み。
尚、横浜駅などの神奈川方面から金沢駅へ向かうの高速バスは原則、ここと東海環状自動車道を経由する。
これは新東名経由で言った方が早く、4車線区間が増加した為、こちらの方が早く到達する為。

余談ではあるが、岐阜県内の休憩所の多くは第三セクターで運営されている場合が多い。
NEXCOがまともに管轄しているのは城端SA関SA長良川SA位(ひるがの高原SAはコンビニと給油所のみNEXCO管轄)。
越美線の高速道路版であるが、行く場所が越前ではなく越中になっている。

施設名など

片方向の出口及び分流は白三角(△▽)。入口及び合流は黒三角(▲▼)。片方向しかない休憩所は矢印(⇑⇓)で表記する。

番号施設名接続路線備考
一宮西港道路(計画路線)
1一宮稲沢北IC(△▼)愛知・岐阜県道14号岐阜稲沢線名神高速道路へは出入り不可
25-1一宮JCT名神高速道路高山方面のみ
1-1一宮西IC(△▼)愛知・岐阜県道14号岐阜稲沢線名神方面出口
2尾西IC(△▼)愛知県道148号荻原三条北方線高山方面出口
3一宮木曽川IC国道22号
川島PA
4岐阜各務原IC国道21号
5関IC国道248号
関SA(⇑)名神方面のみ
長良川SA(⇓)高山方面のみ
5-1美濃関JCT東海環状自動車道
6美濃IC岐阜県道94号岐阜美濃線
古城山PA(⇑)名神方面のみ
7美並IC国道156号
瓢ヶ岳PA(⇓)高山方面のみ
8郡上八幡IC国道156号
9ぎふ大和PA/IC岐阜県道52号白鳥板取線
10白鳥IC中部縦貫自動車道福井方面
11高鷲IC岐阜県道45号高鷲インター線
11-1ひるがの高原SA/SIC岐阜県道321号ひるがの高原線
12荘川IC国道158号
松ノ木峠PA
13飛騨清見IC/JCT中部縦貫自動車道高山方面
飛騨河合PA
14白川郷IC国道156号
飛騨白川PA
15五箇山IC国道156号
城端SA上下線集約エリア。デイリーヤマザキP.A.WORKSがあり。
16福光IC国道306号
17南砺SIC富山県道279号安居福野線
19小矢部砺波JCT北陸自動車道
能越自動車道氷見方面。

関連タグ

北陸自動車道 飛騨
岐阜県

関連記事

親記事

NEXCO中日本 ねくすこなかにほん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東海北陸自動車道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1689

コメント