ピクシブ百科事典

楠小十郎

くすのきこじゅうろう

新撰組隊士。 美男五人衆の一人として知られる。

概要

弘化4年(1847年)?~文久3年(1863年)9月26日
文久3年6月ごろ、新撰組(当時は壬生浪士組)に入隊。
芹沢鴨平山五郎が暗殺された10日後、長州派の間者であったとして原田左之助によって殺害された。
同日には同じく間者であったとして御倉伊勢武荒木田左馬之介が殺害され、松永主計越後三郎松井龍三郎が脱走した。

子母澤寛の『新選組物語』では「美男五人衆」の一人とされる。
八木為三郎の回顧談によると「元服したばかりの弱々しい美男子で、優しい人物だった」という。

彼が本当に間者であったかどうかは定かではないが、久留米の勤皇家真木和泉の日記に「夜、楠十来る」という記述があり、これが間者であったという傍証とされることがある。

関連項目

新撰組 美男五人衆
佐々木愛次郎 馬越三郎 馬詰柳太郎 山野八十八
間者 スパイ 美少年 イケメン

pixivに投稿された作品 pixivで「楠小十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント