ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

弘化2年(1845年) - 文久3年8月2日(1863年9月14日)

略歴

摂津大坂出身。文久3年(1863年)5月頃に壬生浪士組(新撰組)入隊。隊内きっての美男剣士という評判が伝えられている。

しかし同年8月2日、何者かに暗殺された。

この死には2つの説がある。一つは、愛次郎の恋人のあぐりが美貌だったため、芹沢鴨に妾として渡すよう命じられ、佐伯又三郎の勧めであぐりと共に駆け落ちするが、これは芹沢らの罠で、朱雀の藪の中で待ち伏せていた佐伯に惨殺されたという説(恋人のあぐりは佐伯らに手込めにされた後、舌を噛み切って自害)。もう一つは、愛次郎は長州藩間者スパイ)であったが新撰組に寝返りそれを知った長州側に暗殺された説である。しかし真相は定かではない。


登場作品

薄桜鬼黎明録

明けまして

CV:野宮一範

若手の壬生浪士組隊士。脱走した羅刹によって斬殺されてしまう。


幕末尽忠報国烈士伝MIBURO

CV:民安ともえ

長州藩の間者で同僚の佐伯又三郎と共に壬生浪士組(新選組)に潜入。

美男子だが佐伯曰くそっちの趣味があり、主人公見田健の妹、見田鞘に興味を持つ。


関連タグ

新撰組 イケメン 美少年

関連記事

親記事

新撰組 しんせんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 218

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました