ピクシブ百科事典

死霊魔術師メメント

しりょうまじゅつしめめんと

死霊魔術師メメントとは、「千年戦争アイギス」に登場する味方ユニットである。
目次[非表示]

なんだったら王子もボクの呪文、試してみる? 大丈夫、悪いものじゃないし。

概要

死霊魔術師メメント
メメントちゃん2



千年戦争アイギスにおいて、試練型イベント「死者の王の娘」の達成報酬として配布された
新職業「ネクロマンサー」のユニット。
ウサギと髑髏が合わさったような髪留めでまとめたツインテールのボクっ娘である。
全身イラストを見るとウサギのぬいぐるみのようなものを持っている。
彼女自身はリッチではなく人間で、死者の王とは血は繋がっていない。死者の王も元は人間で、孤児院にいたメメントを研究目的で養女として引き取り、その後リッチとなっている。

修正後の陰陽師のようにソードスケルトントークンを召喚できるようになるクラス特性を持っており、
死者の王の娘というだけあってリッチと同じタイプの魔法攻撃を行う。
陰陽師やウィッチと違い攻撃に鈍足効果は付いておらず、単体への魔法火力役として使っていくことになるが、攻撃速度が遅くDPSは低い。トークンやアーマーなどで上手く敵を足止めする必要がある。
CCを必要としないユニットで好感度に攻撃力補正もついているため、好感度100%にして
即戦力として使うこともできる。
スキルは使用している間、召喚したトークンを大幅に強化するものになっている。
また、トークンは死亡してもステージの評価に影響を与えないので、使い捨ての差し込み要員として利用することもできる。

イラストレーターは新規参戦である緑青黒羽氏である。

戦闘能力

リッチと同じタイプの単体攻撃型魔法ユニットで、ソードスケルトントークンを召喚することができるようになる。
移動速度低下が無くトークンを呼び出せるウィッチといった感じの立ち位置で、Lv50+好感度100%で攻撃力は584
、単体火力役としては十分な基礎火力と言える。
ただ攻撃速度が非常に遅い(メイジよりも遅い)のが弱点であり、DPSは同レアリティのウィッチと比べて
大きく劣る。アーマーやトークンで射程内に足止めして単発火力の高さを活かそう。
骸骨兵士は死亡してもクリア評価に影響を与えないため、緊急時やヒーラーの回復が届かない場所へ使い捨ての差し込み役として気兼ねなく投入することができる。
同じトークンである式鬼に比べコストが安く、強敵相手にひたすらソードスケルトンを召喚し続けてクリアする、という戦法がアイギスで定着したのはメメント登場以降である
が、同時に3体まで投入は出来るが、連続して投入することは出来ず(一人のネクロマンサーああたり約8秒)、回復コストよりトークン投入コストの方が高いので、複数のトークン使いによる永久機関的戦法は無理なので注意。

スキルは自分の使役するトークンの攻撃力と防御力を大幅に増加させるもので、強敵相手への差し込みを行うときに効果を発揮する。
スキルレベル最大で点火した場合ランク100付近の王子に迫るステータスになり非常に頼りになる。
ただし魔法耐性やHPは上がらないので、魔法型の敵には注意する必要がある。

ちなみにチャレンジクエストの女の戦い等、女性しか出撃できないマップではメメントは出撃出来るが、トークンは出撃不可能なので注意が必要である。

評判

とりあえず、立ち絵がエロかわいい
妙に上気した頬にハートみたいな口、そして下半身は黒パンツ1枚のみという大胆さ。
その紳士を揺るがす実力は、実装前なのにイラスト投稿が10件を越えるという異常事態を引き起こした。

またイベント時は義父の凶行を止めようとする言動が目立ったが、いざ自軍に迎えると
魔物や王子を呪文の実験台にする「王子だけはずっと自分を見ていてほしい」と発言するなど
ややサイコ・ヤンデレ気味な言動が。こちらが素なのだろうか。

好感度を上げたときのセリフ

0%今度はどんな呪文を試そうかな♪
15%実験用の魔物、まーた捕獲しに行かなきゃ。
30%魔物で実験ができるなんて一石二鳥だね。
50%いつかは魔物も服従する呪文を開発してみせるんだから。
60%他の人に理解されなくても、王子だけはボクを見ててね。
80%例え魔物がどんどん強くなっても大丈夫。
100%ボクがずっと側にいれば、王子はどんな敵にも勝てるよ。


関連イラスト

ボクっ娘とか反則だろぉぉぉ!なかんじのメメントちゃん



別名・表記ゆれ

メメント メメントちゃん

関連タグ

千年戦争アイギス メメント 死霊魔術師メメント

関連リンク

gcwikiでの項
seesaawikiでの項

pixivに投稿された作品 pixivで「死霊魔術師メメント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1592835

コメント