ピクシブ百科事典

水木(鬼太郎シリーズ)

みずき

『墓場鬼太郎』に登場するキャラクターの一人。原作者の水木しげるとはまた異なる。
目次[非表示]

CV:大川透(墓場)、堀勝之祐(まんがビデオ)

概要

鬼太郎シリーズに登場するキャラクターで、鬼太郎の育ての親。前史である『墓場鬼太郎』及び、『ゲゲゲの鬼太郎』でも「鬼太郎誕生」のエピソードがリブートされた際は登場する。

原作者と分けるために水木青年などと、青年として分けて語られることが多い。
また、原作者の水木しげるは別キャラクターで作品内に登場しており、青年の水木=水木しげるではない。

  • ただし、小学館の「鬼太郎大百科」における「鬼太郎誕生」エピソードの記述では、水木しげるとの関係も暗示されていた。

キャラクターについて

水木青年は、昭和30年前後の東京郊外に母一人子一人で暮らし、血液銀行に勤めている。勤務先に度々遅刻するなどいい加減な部分があるが、その分大らかで「自分に甘いが他人にも甘い」性格の持ち主。しかしその甘さが仇となって、想像もしなかった運命を辿ることになってしまう。


『墓場鬼太郎』での活躍

各シリーズで描かれる「鬼太郎誕生」の基となるエピソード。

ある日、出社早々に社長に呼び出された水木は、自社製品に「幽霊の血」が混入していたことを聞かされ、その調査を命じられる。その血液を輸血された人は、意識があり、正常な人間のようにふるまうにも関わらず、心臓は停止し体温はなく「医学的には死人」と言う状態になっていた。
水木が供血者のデータを調べたところ、その住所は水木の家と同じものであり、彼は最近隣の古寺に引っ越してきた怪しげな夫妻を疑う。

その夜、古寺を訪ねた水木は不気味な夫妻から事情を聴く。彼らは自身を幽霊族と名乗り、問題の血液は妻のもので、重病に罹った夫の治療費を捻出しようとしてのことだったと話す。
夫からは幽霊族の悲劇を聞かされ、また妻からは身ごもっている子供が生まれるまではと懇願された水木は、夫妻を恐れる一方で、同情の念も感じていた。そこで子供が生まれる8ヶ月後までという約束で、会社への報告を伏せる。

約束の期限が訪れ、改めて古寺を訪ねてみると夫妻は息絶えていた。哀れに思った水木は、溶け崩れた夫の方はあきらめて放置したものの、せめてもと妻の方は墓穴を掘り、埋葬した。
その3日後、産声を聞きつけて墓場に駆け付けた水木は、異様な雰囲気を持つ赤ん坊(鬼太郎)が墓穴から這い出してきたのを目撃する。その得体のしれない様子に恐怖を覚えた水木は、一度は見捨てて自宅へ逃げ帰った。しかし鬼太郎は目玉おやじとなった父に導かれて水木宅へ這ってくる。自分を頼りにする鬼太郎に情を覚えた水木は、それ以上突き放すことができなくなり、育てることを決心するのだった。

その後

水木はなんとか鬼太郎の養育を続けるが、次第に奇怪なふるまいを見せるようになる鬼太郎の面倒を見切れなくなり、普通の子供として暮らせないなら出ていくように言い渡す。仕方なく鬼太郎は、目玉おやじとともにあてどない放浪の旅に出ることとなる。

これ以降、水木の扱いは完全なサブキャラクターとなる。

鬼太郎夜話』では、鬼太郎曰く「どうしたことか、ぼくたち(鬼太郎父子)を捕まえようと警官と一緒に追いかけてきた」ため、目玉おやじに罠にかけられ、生きながら地獄へ送られてしまう。
最終的には鬼太郎を育ててくれた恩があると言う理由で地上へ帰され、血液銀行にも復職できたものの、死者の世界で一定期間過ごした影響から、体は冷たく吐く息には死臭が漂うという、死人のような身体となってしまった。
その後は結局、自分の身の安全を図る目的で、鬼太郎父子と下宿「ねこや」で同居を始めることになる。

具体的な活躍はほぼこれで終了となり、水神に関わる物語の導入部分で物価高騰を理由にいきなり家賃を倍にされ、苦悩する姿が描かれたのを最後に、作品から姿を消す。

佐藤プロダクション版『おかしな奴』は、水木が冒頭で鬼太郎の誕生を改めて回想する形でストーリーが始まり、当時の鬼太郎の活躍譚も、同様に彼の語りで展開する。しかしそれ以降は作品から消え、雑誌連載となり『ゲゲゲの鬼太郎』と改題した後も、水木の消息は不明なままとなっている。


番外:竹内版での水木青年

水木しげると兎月書房の間に起きたトラブルから生まれた竹内版墓場鬼太郎での水木青年は、地獄から生還した後の動向が大きく異なる。

現世では血液銀行社長殺しの容疑者と目されていたことを知った彼は、追及を逃れるために名前を「成見七郎」と変え、なんと私立探偵に転身。鬼太郎親子と組んで、数々の奇妙な事件に挑んでいく。性格は小市民で大らかな水木版と違ってアグレッシブで、顔つきもきりりと上がった太い眉毛に三白眼と気合が入っており、私立探偵となってからは口調も伝法になる。

……ここまでならなんだか格好いいかもしれないが、やっぱり物語の途中でその存在がフェードアウトしてしまう。つくづく気の毒なキャラクターである。


アニメでの扱い

アニメ版『墓場鬼太郎

前半のうちはメインキャラクターとして描かれ、全体的な出番も増えた。しかし何かと鬼太郎に苦しめられ金づる扱いされたうえ、最後にはあっさり見捨てられるといった、酷い役回りである。また、佐藤プロダクション版がベースであるため、鬼太郎が隻眼になった理由が水木の行動によるものとなっている。

  • 生まれて早々、墓から這い出てきた(人間の赤ん坊には不可能な行動)鬼太郎に脅えた水木が、恐怖のあまり振り払った(あるいは突き飛ばした)ために墓石に目をぶつけてしまった。貸本版およびガロ掲載のリライト版では、生まれつき左目は欠損している。

設定についても多少の変更が行われている。

放送コードの関係上、患者が幽霊のようになった原因を売血とすることができなかった。そのため、幽霊族の妻が病院を訪れた折、激痛に苦しむ患者を見かねて苦しみを和らげようと妖力を使ったことが原因とされた。これに伴い、水木の勤務先も「病院の系列会社」とぼかされている。

原作の水木は、勤務先への遅刻を繰り返す、だらしない面のある男として描かれている。これが原因で、たびたび社長からお小言をいただいていたために顔を覚えられており、「幽霊の血液」について内密の調査を命じられる。アニメではこの部分がカットされている。

第6話『水神様』で、水神の高波に襲われ、物語からフェードアウトする。
  • 明確に溶かされた描写こそないが、スーツが溶けていくような場面が一瞬だけ映る。また、BD版でははっきり骨まで溶かされている。その他関連書籍では「原作にはない最期」とある。

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズ

6期1話において、目玉おやじのセリフとして「水木という青年が昔鬼太郎を育ててくれた」と言及され、ワンカットのみ登場している。アニメ『ゲゲゲ』シリーズにおいて、水木の存在(と鬼太郎の出生)について具体的に描写されたのはこれが初となる。

33話では、鬼太郎が「(依頼に応えて人間を救うのは)約束みたいなもの……だからな」とも語っており、水木青年と鬼太郎の間に、原作とは異なる絆のようなものがあることが示唆された。

42話では、百々爺の策略により妖怪大裁判で懲役500年液状化刑の有罪判決を受けてしまった鬼太郎の刑執行を引き延ばすための時間稼ぎで、目玉おやじが今生の別れの前の親子の会話として語った思い出話の内容に、水木青年の事が語られている。
「ワシらは水木と共に店の二階に間借りして」はねこやで居候していた時の事(参照)であり、「その時ワシらに大水がドバーっと」は水神が襲撃してきた際の事を語っていると思われる。この事から、6期でも過去に墓場鬼太郎と同様のエピソードがあった事が伺える。
裁判長である大天狗に遮られたために思い出話は途中で終わってしまったが、おそらく6期の水木青年も水神の犠牲となって最後を迎えたのではないかと推測される。


関連タグ

墓場鬼太郎 
寝子…水木と鬼太郎父子が下宿していた「ねこや」の娘。大人びた美少女で、鬼太郎の初恋の人。猫娘の原型となったキャラクター。

関連記事

親記事

墓場鬼太郎 はかばきたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「水木(鬼太郎シリーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18258

コメント