ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

演:有吉崇匡


概要

浅倉威の弟で、現在は親戚に引き取られ、三原姓を名乗っている。

幼少期に起きた火災で両親を失い、兄の威と離れて暮らすようになった。威は彼は死んだものと思っていたが、桃井令子北岡秀一から聞き出した暁が生きているという情報を確認するべく、城戸真司に指令したのを立ち聞きしたことで威から生存を知った。


後日、兄について聞きたいという令子の取材に当初は人違いと否定し、北岡から聞いたと食い下がられ、兄にはもう関わりたくないという本音を吐露するが、火災の時に気絶していた自分を威が助けていたといわれ、令子が兄が会いたがっているという話を一度は断ったが、弟に会えば変われるかもしれないという話を聞いて真司や令子と共に浅倉に会いに行くことにする(一度取材を断ったのはおそらく凶悪犯の弟という立場に対する嫌悪感と思われる)。


トンネルの中で出会った威に助けてくれたことにお礼を言うが、実は火災は威が起こしたもので、彼を助けてなどいないという事実、さらには本当は暁自身を殺すために放火したという真実を告げられ、直後にベノスネーカーに捕食され、消滅した。

その光景を目の当たりにした秋山蓮からは「奴は人間じゃない。モンスターだ」と唾棄されたが、同時に暁が殺害される遠因になった令子に対しては「弟は兄の本性を知って逃げ出した」と告げた(※)。


※真相を伏せた理由に関しては「取材が原因で罪のない一般人が殺害された罪悪感を抱かせないため」あるいは「ライダーバトルに深入りしてほしくない」のいずれかと思われる。


仮面ライダーアウトサイダーズ

「戦いのない世界」が舞台になっている『仮面ライダーアウトサイダーズ』では、名前のみの登場だが、同作に登場する威は性格が改変されたことで、今まで苦労をかけた弟のために汚れ仕事を請け負う兄としての優しさを見せている。

しかし、ある事件をきっかけに、威が本来の残忍かつ凶悪な性格を取り戻してしまい、終盤で暁の元に向かったため、おそらく、再び兄に殺害されてしまったと思われる


備考

名前の由来は、浅倉役の萩野氏が主演していた『超光戦士シャンゼリオン』の主人公・涼村暁と思われる。


関連タグ

仮面ライダー龍騎

浅倉威


外部リンク

浅倉暁 | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

浅倉威 あさくらたけし

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました