2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

王女は、まだ知らない。
数奇なる運命を────

概要

『海賊王女』とは、18世紀を舞台に王女海賊を組み合わせた異色の世界観で打ち出されるProduction_I.G制作のオリジナルアニメーション。

2021年8月より北米のAdult Swim『Toonami』のアニメの放送枠にて放送およびCrunchyrollにて配信が実施された。
2021年10月からTOKYOMXAT-X毎日放送BS朝日にて放送。

大まかな筋立ては「お宝の在り処の鍵を詳細を知らされずに親族から託された主人公が、それを狙う各陣営に狙われ利用され翻弄されつつも頼れる仲間と共に真実を求めて立ち向かう」という王道な物であり、そこに実在の地名や史実を織り込みつつオーバーテクノロジーも取り入れられている独特な世界観が展開される。
シリアスな表現も多いが、あまり落ち込まず表情豊かなヒロインや守るべき対象として大切にしている筈のヒロインを感情任せに躊躇無くぶん殴るヒーローも含め主人公側のコミカルな描写もあり、作風自体は陰鬱な物では無い。

ストーリー

18世紀、大西洋。
父と船旅へ出ていたフェナ・ハウトマン海賊に襲われ、たった一人小型ボートで漂流し、命をつなぎ留める。
フェナが漂着したのは、国家黙認する娼婦男娼の島<シャングリラ>だった。

10年後──。
のような肌と白銀に光る髪を持ち、美しく成長したフェナは、初めての“仕事”を目前に控えていた。
だが、それを受け入れることはできず、幾度となく想像してきた島からの脱出を決心する。

迫りくる追っ手に絶体絶命のフェナは、真っ赤な鹿の角のをまとった青年・雪丸に救われる。
雪丸は、フェナを「見つけ出す」と約束した少年だった。
そして2人の“再会”は、フェナ自身に眠っていた言葉<エデン>を呼び起こす。

炎に包まれ、沈みゆく船。
「必ず俺が見つけ出す!」と約束した少年。
そして最愛の父が叫んだ、あの言葉──。

「<エデン>に向かえ!」

フェナはその真意を知るべく、雪丸たちと共に<エデン>の謎を解く船旅へ出る。

登場人物

フェナ一行

フェナ・ハウトマン(CV:瀬戸麻沙美
雪丸(CV:鈴木崚汰
紫檀(CV:櫻井孝宏
花梨(CV:悠木碧
(CV:佐藤元
(CV:逢坂良太
椿(CV:大須賀純
真樺(CV:田中進太郎
サルマン(CV:村治学
オットー(CV:平田広明

ランブルローズ

グレイス・オマリー(CV:深見梨加
チン・シー(CV:金田愛
シャーロッテ・ベリー(CV:薮内満里奈
メアリ・リード(CV:七瀬彩夏
ハンナ・スネル(CV:河野ひより
アルテミシア(CV:茉莉邑薫
アン・ボニー(CV:森谷彩子
アルビダ(CV:日野まり

その他

アベル・ブルーフィールド(CV:森川智之
コーディ(CV:八重畑由希音
老師(CV:大塚芳忠
フランツ・ハウトマン(CV:中谷一博

主題歌

OP曲『海と真珠』
作詞・作曲・編曲:梶浦由記 / 歌:JUNNA

ED曲『サイハテ』
作詞:饗庭純 / 作曲・編曲:出羽良彰 / 歌:鈴木みのり

スタッフ

原作中澤一登×Production I.G
監督ToyGerPROJECT / 中澤一登 / 高橋哲也 / 藤井サキ
脚本窪山阿佐子
キャラクター原案・音響監督中澤一登
メインキャラクターデザイン高橋靖子
キャラクターデザイン西村理恵
コンセプトアート西田稔
色彩設計土井和
美術竹田悠介 / 楠元祐也 / 田中孝典
撮影監督荒井栄児
編集石井知
音楽梶浦由記
音楽制作FlyingDog
音響監督補佐鐘江徹
音響効果倉橋裕宗
録音調整星野賢爾
プロデューサー黒木類
アニメーション制作Production I.G


関連動画

PV

第一弾


第二弾


第三弾


関連タグ

プロダクションI.G
テイルズオブレジェンディア…本作と同じくキャラクターデザインを中澤一登、アニメーションをProduction I.Gが勤めたゲーム作品。更にこちらもストーリーに「海」が深く関わっている。

外部リンク

公式サイト
公式Twitter

関連記事

親記事

プロダクションI.G ぷろだくしょんあいじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「海賊王女」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「海賊王女」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239571

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました