ピクシブ百科事典

火病

ふぁびょん

朝鮮民族特有とされる文化依存症候群のひとつ。鬱火病(ウラッピョン)。ネット上では顔を真っ赤にして激しく怒り狂うことを指して「火病」と呼ぶ事が多いがこれは誤用である。
目次[非表示]

本来の意味での鬱火病

火病とは、抑鬱した感情を発散せず、抑制した中で起こる神経性的な火(鬱火)によって現れる全ての精神疾患のこと。朝鮮民族特有とされる文化依存症候群のひとつである。

文化依存症候群とはその地域の文化環境においての精神疾患を指す。

文化依存症症候群とは、例えば日本においては文化的に「相手を立てる」文化が美徳とされ、相手の立場を尊重しない自己主張は悪徳のような風潮がある。このため日本民族の文化依存症候群は対人恐怖症といえる。

同様に朝鮮民族にも文化依存症候群が存在する。彼らは、「情」の濃さを尊重する文化を持ち、喜怒哀楽が極端でしばしば激情にかられる傾向がある。また、自己主張の際には理屈よりも感情に訴えるのがよしとされ、悪く言えばまともな議論が成り立たず情実やゴネ得がまかり通る文化がある(したがって韓国人から日本人を見ると「自分の感情に素直でなく、理屈っぽくて、冷たい」という評価になるのである)。

しかし、韓国においても現実社会においてはこの激情が通らない場合も多く、それを何度も繰り返すと最終的にストレス性障害を引き起こす。この怒りの抑制によってストレス性障害を起こす精神疾患を「火病」というのである。

近年


インターネットスラングの「火病」

インターネット上(主に2ちゃんねるを中心として)では、朝鮮民族の感情的になって怒り易い性質の方がクローズアップされ、「激しく怒り狂う」つまり癇癪ヒステリーと同義の意味で使われるが、上記のとおり、この用法は誤用である。

更にこの朝鮮民族の理性を失い感情的になり易い性質を小馬鹿にして使われることもよくある。
動詞化もしており、「ヒス状態になる」、「興奮する」といったニュアンスで、「火病る」「ファビョる」というように使われる。

関連項目

タグ

ネットスラング

pixivに投稿された作品 pixivで「火病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7579

コメント