ピクシブ百科事典

牙狼VR

がろぶいあーる

牙狼VERSUS ROADの表記ゆれ、番組公式ハッシュタグ。または同作に登場するVRMMOゲーム。本稿ではゲームについて解説する。
目次[非表示]

概要

正式名称は『牙狼 VERSUSROAD』。

都市伝説として噂になっているVRMMOゲームで、誰が作ったのかは一切不明。注文もしていないのにプレイヤーのもとにある日専用のVRグラスが送り付けられ、ゲームへと招待される。
グラスを手に取るとなぜか装着したくなり、付けると一瞬だけ意識が飛び、気が付いた時にはゲーム空間へと転送される。
ゲームの目的は最強の黄金騎士「牙狼」の称号を手に入れる事で、牙狼になったものはそれに付随して望むものをなんでも得ることができる。牙狼の称号を手に入れなくても、勝ち残っていけばある程度望みが叶っていく。
プレイヤーは「騎士」と呼ばれ、案内人の朱伽からゲームに関する説明を受けた後、ゲームスタートとなる。ゲームは何回かにわけて行われる「ステージ」にて行われる。

まるで魔戒騎士のようにプレイヤーは全員男性であり、学生や動画配信者ファッションモデル、引きこもり、反社会勢力、逃亡犯など参加者の範囲は広い。プレイヤー数は100人。
なおステージ2以降はゲーム開始からステージのエントリー終了までの間に朱伽に申請すれば、ゲームに参加せずログアウトできるが、ステージクリア以外の手段でログアウトした者は二度とこのゲームをプレイできなくなる、すなわち現実世界へ戻ったと同時に死亡する。ただし朱伽は「一度棄権すれば二度と牙狼VRをプレイできない」と警告はするものの、命を失うことは聞かれなければ教えることはない。
「ステージ」をクリアすれば一旦ゲーム終了となり、クリアの時点で生存した騎士たちは現実世界へ帰ることができる。この際。現実世界の時間はゲーム内で過ごした時間は加わらずグラスを付けた直後になる。ただしステージをクリアできなかったりゲーム内で死亡した騎士たちは現実世界へ戻ったと同時に死亡する。また、VRグラスは一度の使用で消滅して次のステージ開始の際にはその都度新しいグラスが送られてくる。

騎士はゲーム世界では常人を超えた身体能力を得ることができ、ステージ2以降は所有者が望む「あらゆるモノ」に変化させられる結晶状の『アイテム』の使用も許可される。

以上のことから、最後に生きて現実世界へ帰れるのは勝ち残り牙狼の称号を得たたった一人のみとなる。そのため騎士同士の殺し合いが激化するほか、ゲームの中にはNPCモンスターのホラーが徘徊しており、常に騎士たちをつけ狙っている。

なおゲームの内部を撮影することはできないらしく、南雲太輔は二回目のステージに際し事前に特殊なカメラコンタクトレンズを装着してデスゲームの映像を記録しようとしたが、ゲームクリアして帰還した後に機材をチェックしたところ何も映っていなかった。
(実は、これがある事情で撮影できなかった説が有力となる)

内容

以下ネタバレ注意!




















第1回戦

クリア条件残存プレイヤーが50人になるまで
ステージ
詳細NPC「魔獣ホラー」に喰われないよう逃げ延びなくてはならない。森の中にはゲームのロゴと同じマークが掲げられた施設があり、ホラーは侵入できない安全地帯となっている。しかし上記のクリア条件を満たすまで延々とホラーに追われ続けるので、プレイヤー同士の潰し合いが起きることに。


第2回戦

クリア条件制限時間内にフィールドから脱出
ステージ廃工場
特記事項今回より結晶状のアイテムが支給。
詳細制限時間2時間以内にフィールドのどこかにあるゲートを通らなくてはならない。但しゲートを通るには“鍵”が必要で、鍵はホラーがプレイヤーを喰った時にしか出ない。


第3回戦

クリア条件残存プレイヤーが8人になるまで
ステージ会場
特記事項プレイヤーはアイテムに加え、押すと爆死するボタン付きのチョーカーを装着
詳細指定されたフィールド内で残存プレイヤーが8人になるまでプレイヤー同士が殺しあう、という非常にシンプルで残酷な内容。フィールド外周にはホラーが待機しており、フィールドを囲うシールドの外に出てしまうと捕食される。


第4回戦

クリア条件残存プレイヤーが4人になるまで
ステージ廃工場
特記事項アイテムに加え、フィールドに99.9秒の時間制限付きの魔剣が設置
詳細ここからホラーが出現しなくなる。ルール自体は3回戦と変わりないが、今回は上記の魔剣が設置されている。この魔剣は99.9秒の使用制限時間があり、これを過ぎてしまうと屍人<アンデッド>と化し脱落してしまう。そしてこのアンデッドを斬れるのは魔剣のみ。更にクリア条件を満たしても、アンデッドを全て倒さないとクリアにならない。


決勝戦

クリア条件「最後の一人になるまで、戦え」
ステージ会場
特記事項全員のアイテムを剣に統一。しかし戦い方は自由で、使わなくてもよい。


参加者

空遠世那
天羽涼介
星合翔李
香月貴音
南雲太輔
奏風大
日向蓮

波岡純(演:三元雅元)
ホスト。現実でもゲームに負けると恋人に暴力を働くDV男。空遠との戦いの末敗北。行方不明となる。

野分一矢(演:松浦祐也)
ヤクザの親分。手下の土肥、渡井と行動を共にする。天羽に斧で切り裂かれ死亡。

土肥克己(演:黒石高大)
ヤクザ。高い身体能力の持ち主。天羽と対決し死亡。

渡井洋次(演:宮原尚之)
ヤクザ。奏風にバットで殴り殺される。

雫川学(演:宮本剛徳)
南雲の動画の視聴者で彼のファン。野分の不意打ちにあって死亡。

岳本(演:松本岳)
職業不明。1回戦で香月を犠牲にしようとするも甘い言葉に乗せられて油断し、雫川の不意打ちでホラーに捕食され死亡。

灰原(演:谷手人)
1回戦を生き残り、2回戦で別の騎士に襲われていたところを空遠たちに助けられ行動を共にする。
しかし2回戦クリアに必要なカギを得るために空遠を裏切ろうとするが、別のホラーに捕食され死亡。

水瓶幸也(演:南圭介)
南雲の雇い主。独立を目指す南雲を暴力で脅すブラック上司。2回戦で南雲に裏切られホラーに捕食され死亡。

黛孝輔(演:わたる)
水瓶の部下。1回戦を生き残るがゲームの異常性に気づいて棄権を選び強制ログアウトで死亡。

UMI(演:栗原類)
香月が尊敬するモデル。武術の使い手。
2回戦では香月と合流しともに行動し鍵を得た後、香月を排除しようとするが返り討ちに会い、命乞い空しく香月の手にかけられ死亡。

嵐山(演:錦織聡)
口ひげを生やした男。4回戦まで生き残ったが、南雲によってロープで首をつられ死亡。

海野タケル(演:小笠原奨吾)
サラリーマン風の男。4回戦まで生き残ったが、香月のうさぎのぬいぐるみを触ってしまったため激昂した香月によってめった刺しにされ死亡。

猪丸(演:猪島涼介)
3回戦まで生き残った男。序盤に香月に背後を撮られ首輪のスイッチを押され爆死。

米元(演:米元慎太郎)
3回戦まで生き残った男。中盤香月に首輪のボタンを押され、命乞いもむなしく南雲含めた3人に投げ飛ばされ爆死。

大川(演:小川慶永)
3回戦まで生き残った男。香月に首を折られて死亡。

大根(演:大曾根敬太)
3回戦まで生き残った男。日向にナイフで切り刻まれ死亡。

関連項目

VERSUSROAD VRMMO デスゲーム

グリードアイランド 仮面ライダークロニクル

戦わなければ生き残れない! 無理ゲー










































実はこのゲームは仮想空間ではなく、真魔界で行われている。グラス自体は装着したプレイヤーを真魔界へ転移させるカラクリに過ぎない。

その真の目的は、かつて行われた黄金騎士の選定を再現し、人間の陰我から生み出されるダークメタルを使って新たな鎧ベイルを完成させることであった。そのため、参加者はアウトローや我欲が強かったり一見無害そうだが強い狂気や暴力性を秘めていたりと、皆強い陰我を生み出す素養を持った者となっている。

かなり有名な都市伝説となっていたことや「この100人で完成する」という葉霧宵刹の言葉、そして南雲が調べていた情報の中に最近失踪者が増えているという記事があったことから、本編中のゲームが初めてではなく既に何度も行われていたと思われる。

真の関連タグ
異世界転移
契約した時点で生き残れない!:招待された段階で、契約が成立していたという意味でも。






































































優勝者:空遠世那 但し牙狼になることは望まず、一度装着したのみで放棄。

関連記事

親記事

VERSUSROAD ばーさすろーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「牙狼VR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7780

コメント