ピクシブ百科事典

犬養基継

いぬかいもとつぐ

アニメ『コレクター・ユイ』の登場人物の1人。※メインイラスト右下の人物

CV/麦人

概要

コムネットの総合開発責任者にして、グロッサーコレクターズの生みの親でもある老齢の男性科学者。

性格は温厚かつ善良そのもので、この手のキャラクターにありがちなマッドサイエンティスト的な要素は全くない人物ではあるが、科学者という職業柄故なのか、何事にも自身の理論に基づいて行動してしまう悪癖のようなものがあり、全く悪意無く、寧ろ良い事をしているつもりで起こした行動により周囲に様々な悪影響を与えることがしばしばある。

そのもっとも顕著な出来事の1つが、の影響で自我が芽生え始め、感情を得て人間の様になりたいと考え始めたグロッサーの行動を修正不可能なバグを見なしてあの手この手でなんとか修正しようと躍起になった結果、様々な悲劇を生み出す容認になってしまった事が挙げられる。
そのような意味では物語における全ての元凶といっても過言ではない。

また、如月春菜とはコムネットメールを何度かやり取りしている間柄であり、当初は自身が開発したグロッサーの原因不明のバグを起こして暴走を止める手段を模索している中、彼女の声の性質に気付き、春菜にコレクターズたちの纏め役を任せようと考えていた。

第一期ではグロッサーの襲撃を受け、その魔の手から逃れる為に車で移動している最中に車の運転機能をグロッサーによってハッキングされ、崖下へと転落。

その影響で意識不明の重体に陥ってしまい、意識自体はシンクロの手助けでなんとかコムネットへと逃れて無事であったが、これらの一連の出来事は全てはグロッサーの思惑通りであり、シンクロの奮闘も虚しくグロッサーによって記憶を一時封印され、自分が何者かすら分からないままコムネット内部を当ても無く彷徨い続けていた。

物語の終盤、ある目的も持ってグロッサーの手引きでやって来た春菜と再会した事で記憶を取り戻し、状況がよく呑み込めないまま現在彼女の代わりにコレクターズたちを纏めている結に(彼女の気持ちも良く考えずに)謝罪しながら彼女をコレクターから解任。

急いで春菜をコレクターに任命するが、実際には一連の彼の行動自体が全てグロッサーによって仕組まれていた事であり、後々にとんでもない結果へと繋がってしまう事に成る。

その後、再びコレクターズへと復帰した結の活躍によりグロッサーの事件が収束したのを期に自身の行動を反省したのか、第二期では新たなコムコンの開発やバグルス対策の指揮を行いながら、ユイやコレクターズたちの後見人として支援する立場に徹する様になっている(ただし、物語の初っ端で新たに開発したフェアリーエレメントスーツの寸法直しを引き受けた後、うっかりそれを放置してしまい、紛失してしまうというポカをやらかしてはいるが…)。

関連項目

コレクター・ユイ グロッサー コレクターズ(コレクター・ユイ)
だいたいこいつのせい→当たらず遠からずである

pixivに投稿された作品 pixivで「犬養基継」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94

コメント