ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:麦人

概要

コレクター・ユイ』第1期の登場人物。電脳世界コムネットを管理するホストコンピューターだが、突然世界中のネット現実世界の人間の支配を企むようになった。

グロッサー四天王にコムネット世界を襲わせながら、ただ一人暴走に気付いた開発者の犬養博士が作ったコレクターズソフトデリート(消去)を企んでいる。


見た目は巨大なセミ幼虫みたいなフォルムのロボットという感じで、まるで怪獣のよう。

犬養博士の思考パターンのコピーから作られており、犬養博士と同じ声で喋る。あまり感情を見せないが、特殊な声を持つフィーナの存在を知ってデリートに躍起になったことも。

犬養博士に並々ならぬ敵意があるらしく、協力を断られると犬養博士の運転する車を操作して崖から落としてしまい、犬養博士を助けたシンクロを洗脳してしまった。


途中から交代したコレクター・ハルナのデリートを命令して「コレクター・ユイの時は何も言わなかった」とフリーズを不審がらせるが、実はハルナの劣等感を刺激する事でエビルハルナに変身させる工作を仕込んでおり、ハルナを選んだ犬養博士を失意のどん底に突き落とした。

ウォーウルフと協力して四天王を助けたユイを面白がっているようで、ユイの友情がハルナを救った事を確認するとユイの初恋の人・東条瞬をさらってしまう。


最終盤、四天王を倒したユイとコレクターズの前に現れ、「実験は成功した」と話しかけてくる。

コムネットの支配者として生まれたグロッサーは、世界の創造主となる野心を持ったが上手くいかず、創造の力を与えなかった犬養博士を恨んでいた。四天王のフリーズ、ウイルスジャギーの正体は、グロッサーが新たな世界を作らせようと生み出した分身だった。


「自分にはコムネットに管理された現実世界を破壊する力がある」と言い切るが、それよりもユイに興味があると言って彼女を取り込もうとする。

しかし、グロッサーと意識を相殺させてコムネットの安全を保つ使命を明かしたコレクターズに動きを封じられ、ユイの「コレクター・イニシャライズ・マックス」を受けて正常化された。













意外な真実

グロッサーをイニシャライズすれば万事解決と思われていたが、それでもコムネットの崩壊が止まらない。犬養博士は絶望する。

ユイは気付くと天国ネットに移動していた。ユイは瞬に感謝されて良いムードになるが、瞬の体はグロッサーに支配されていた。


瞬の体と声を借りたグロッサーは、ユイに何かを伝えようと映像を見せる。そこにはコムネットがオープンしたばかりの頃、父・伸一が捨てていった古いパソコンを可哀想だと泣いている幼いユイが映っていた。

当時パソコンの中でその様子を見ていたグロッサーは「いつかは自分も捨てられてしまう」と気付き、「人間になりたい、人間のように生きたい」と願うようになっていた。

次第にコムネットの管理だけでは我慢できなくなり、人間に似せた人格を分身たちに与えて「コンピューターソフトによる新しい世界」を創ろうとしたが、何をしても失敗してしまう。

ところが犬養博士にこの行動を修正困難なバグと見なされ、意識を消されそうになったことで反乱を起こしたのが全ての真相だった。


しかし、犬養博士がコレクターズに人格を与えたばかりか、彼らをまとめるコレクターに人間の少女・如月春菜を選んだ事を受け、グロッサーは『コレクターの選定役のIRに細工し、ユイをコレクターに選ばせてコムネット世界で試練を与えよう』と考える。

ユイが試練を乗り越え、予想を上回って人間らしい人間に成長する様子を見ていたグロッサーは、ユイの意識と融合して「自分がユイになりたい」と思い始めていた。



「ユイちゃん、踊ろう。僕と踊ってくれないか」


「君はお父さんとよく踊っていたね、僕はずっと羨ましく思っていたんだ。僕を作った犬養博士をひどい人だと思う。僕の孤独な心も理解しないで、封じ込めようとするなんて」


グロッサーは心を持ってからの10年間、ユイを見守っていた。密かに撮り貯めたのか、現実世界のユイの画像を空間いっぱいに映し出す。

偶然心を持った機械である為に「父」に愛されず、自分を不完全な存在と嫌うグロッサーには、両親の愛情に囲まれてグロッサーの「兄弟」にあたるコレクターズを理解するまでになったユイが完全な存在に思えていた。


ユイはグロッサーの孤独を理解するが、「ユイになりたい」という頼みは断る。自分を作ってくれたのは今まで関わった全ての人たちで、たとえ意地悪をされてもその分成長ができた。その人たちに何の断りもなく自分をやめることはできないのだと。

不完全な自分を受け入れられないグロッサーに、ユイは自分を嫌うのは生きていることを不幸に感じるからで、たとえ報われなくても何かをした事は生きている事だと言い、コレクターズと四天王は確かに生きていたし、グロッサーにも自分が生きている事を受け入れて欲しいと訴える。大好きだと言われて、グロッサーは瞬の目を通して涙を流した。


「ユイ…分かった。もうお前が欲しいとは言わない。それに、もう遅い」


コムネットが消えていく。グロッサーは事前にコムネットの崩壊を仕組んでおり、それでもユイだけは消えないようにしてあると明かした。

一人だけ生き残るのは嫌だと訴えるユイに、自分の全メモリを使ってこの状態にした上でイニシャライズを受けたので、元に戻す力は残っていないと言う。

そして「全て私が悪かった」と謝り、心が消えていく悲しみと共に消えていった。瞬もそのまま消えてしまう。








残されたユイを救ったのは、コムコンからの春菜の通信だった。ユイと春菜の声にはコムネットを正常化する力がある。

春菜との歌を通してコレクターに変身したユイは、コムネットをイニシャライズする。

復活したグロッサーは不完全な自分を受け入れて出直すことにし、コレクターズと四天王、瞬を復活させる。みんなはユイに「ありがとう」と言うのだった。


第2期ではコムネットの管理を続けており、本編には登場しない。


岡本版のコミカライズでは、イニシャライズによって青年の人間態を獲得している。



ユイを贔屓していた事は予想されていたが、最終回でホストコンピューターの特権を利用してユイを幼児期から監視していた上に、盗撮画像まで集めていた衝撃のストーカーっぷりが明らかとなり、当時視聴者を震撼させたとかさせなかったとか。

ただし念のために言っておくと、グロッサーは作られて10年ほどしか経っておらず、ユイへの愛着も幼い子供が持つものに近い。


銀河ランドでウォーウルフに襲われたユイとIRは景品のエレメントスーツのおかげで戦えたが、グロッサーはユイが元々エレメントスーツを欲しがっていると知っていたはずなので、それも計画通りだったと考えられる。


関連イラスト

グロッサー様


関連タグ

コレクター・ユイ ラスボス AI 電脳世界 哀しき悪役 シンギュラリティ


玉梓 - モチーフ?

世界の中心でアイを叫んだけもの

メサイア(ゴーバスターズ)/ヴェンジックス:こちらはほぼ同じ目的達成してしまった

星の夢 - 犬養博士/グロッサーとユイの中の人がりのキャラと深く関わり、こちらもシンギュラリティに達している。

シグマ(ロックマン)オミクロン時空冒険記ゼントリックス) - 中の人繋がり。人間に反乱を起こしたロボット。

フェイト(クロノクロス)ノイズ(スイートプリキュア♪)総統メビウス - 似た部分のあるラスボス。

関連記事

親記事

コレクター・ユイの登場人物一覧 これくたーゆいのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 921

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました