ピクシブ百科事典

グロッサー

ぐろっさー

アニメ『コレクター・ユイ』第1期のラスボス。電脳世界「コムネット」を支配する悪の管理コンピューター。
目次[非表示]

CV:麦人(犬養博士と兼任)
「愚かなり犬養博士!」

概要

「コムネット」の管理システムであるホストコンピューターだが、自意識に目覚めて全世界のネットを支配し、現実世界の人間も管理しようと企むようになった。
開発者の犬養博士に自我を封じるコレクターズソフトを作られ、博士を操ろうとしたが拒まれて意識不明の重体に陥れており、配下のグロッサー四天王にコムネット世界へ逃れた犬養博士の精神とコレクターズの捜索を命じている。

マリンアドベンチャーネットの案内役ソフト・フィーナの歌声が苦手で、自分でデリートしようとしたがフィーナとユイの歌によって退散した。四天王を取り込んで暴走したブランクネットを被害が広がる前に消去しようとしたが、仲間を思うウォーウルフの進言を聞いて判断を委ねる懐の広さを見せている。
犬養博士とコレクターズを敵視し、犬養博士の行動が無意味だったと思い知らせようとする一方で、ユイには何も言わなかったのにハルナに交代した途端デリートを命じたり、四天王が次々と倒されても不敵な態度を崩さなかったりと、挙動には謎が多い。

犬養博士の意識をモデリングして作られ、意識を読み取って犬養博士の居場所を探り当ててしまう。犬養博士を守ろうとしたコレクターズの一人・シンクロをウォーウルフに洗脳しており、シンクロの復活に伴って博士が記憶を取り戻すと同時に、如月春菜に接触してエビル化のプログラムを植え付けた。ユイに春菜を救出されると、ユイの憧れの人・東条瞬を拉致してウォーウルフの後釜に仕立て上げている。

グロッサー城に乗り込んだユイ達に全ては自分の実験であり、コムネットの支配者として造られた自身にはネットに管理される現実世界も破壊する力があるが、創造主となる力は犬養博士に与えられなかったと明かす。四天王のウイルスフリーズジャギーの正体は、グロッサーが新たな世界を創らせようと生み出した分身だった。
だがユイ達の活躍を観察して考えが変わったと語り、「ユイになりたい」と言い出してユイを吸収しようとするが、コレクターズの犠牲によって抑え込まれ、コレクターズの想いを受けたユイの『コレクター・イニシャライズ』によって自我を封じ込まれた。






人間になりたかったコンピューター

舞台はヘブンズネットに移り、変身が解けたユイは瞬と二人きりになる。瞬はグロッサーを倒したユイを祝福するが、実はグロッサーが瞬に憑依しており、瞬の姿を借りてユイに本心を語った。

グロッサーは初めて管理コンピューターとして稼働した日、幼いユイが古くなって捨てられる家のパソコンを可哀想だと泣くのを見て、自分もいつかは廃棄されてしまうと理解し、「人間になりたい」と願うようになっていた。
やがてコムネットを管理するだけでは我慢できなくなり、自分の一部を三つに分けて人間のような性格を与え、「コンピューターソフトによる新しい世界」を創ろうとしたが失敗に終わった。しかし、犬養博士にはこれらの行動がバグによる欠陥に見えてしまい、自我を封じるコレクターズを創られて反乱を起こしたのが真相だったが、犬養博士もグロッサーがしたようにコレクターズに人格を与えていた。

現実世界のユイの成長記録(多分隠し撮り)をコレクションしており、IRに細工を施してユイをコレクターに選ばせた事も明かしている(ハルナのエンジェルエレメントスーツはIRが出した物で、グロッサーがIRに手を加えた伏線になっている)。つまり春菜をコレクターに選んだ犬養博士に対し、ユイをコレクターに選んだのは他ならぬグロッサー自身であり、犬養博士への復讐だけではなくユイに試練を与えて自分の元に導く意図を持っていた。
そして予想を越えて人間らしい人間に成長するユイを見守る内に、ユイの意識と同化して「自分がユイになりたい」と思うようになったのである。

「ユイちゃん、踊ろう。踊ってくれないか」
「君はお父さんとよく踊っていたね。僕はずっと羨ましく思っていたんだ」
「僕を作った犬養博士をひどい人だと思う。僕の孤独な心も理解しないで、封じ込めようとするなんて」

ユイはグロッサーの孤独を理解するが、ユイになりたいというグロッサーの頼みは「自分を作ってくれた人達のために自分をやめることはできない」と断る。
不完全な自分を嫌い、自分が生きているとは思わないグロッサーに対し、ユイは自分を嫌うのは生きていることを不幸に感じるからで、コレクターズと四天王は最後まで生みの親の犬養博士やグロッサーを悪く言わなかった、例え報われなくても一生懸命に何かをしようとしたことは生きている証だと答えた。コレクターズや四天王も生きていたから好きになった、そして自分を成長させてくれた一人のグロッサーも大好きだと言うユイに号泣するグロッサーだが…

「ユイ…分かった。もうお前が欲しいとは言わない。それにもう遅い」

グロッサーは事前にコムネットの崩壊をプログラムしていた。それでもユイだけは消えないようにしてあると言う。
一人だけ生き残るなんて嫌だと訴えるユイに、グロッサーは全てのメモリーを使ってこの状態にした上で『コレクター・イニシャライズ』を受けており、どうすることもできないと答える。全て私が悪かったとユイに謝罪し、瞬の意識体を乗っ取ったまま消失した。

「消えていく。私の心や悲しみも、消えていく…」

しかし、春菜の協力でコレクターに再び変身したユイの歌声に、心を呼び覚まされて復活。不完全な自分を受け入れてやり直すこととなり、コレクターズと四天王、瞬を解放し、ユイに「ありがとう」と言うのだった。

第2期ではコムネットの管理を続けており、本編には登場しない。

岡本版のコミカライズでは、イニシャライズによって人型の姿(美形の青年)を獲得している。

関連イラスト

グロッサー様



関連タグ

コレクター・ユイ ラスボス 春日結 犬養基継 東条瞬 コレクターズ(コレクター・ユイ) グロッサー四天王 ウォーウルフ ウイルス(コレクター・ユイ) フリーズ(コレクター・ユイ) ジャギー(コレクター・ユイ) 
AI 電脳世界 哀しき悪役 ストーカー 人外×少女

玉梓 - モチーフ先?
世界の中心でアイを叫んだけもの - エンディングがそっくり。
星の夢 - 犬養博士/グロッサーとユイの中の人繋がり。
フェイト(クロノクロス) - 人間に憧れた管理コンピューター。
シグマ(ロックマン) - 中の人繋がり。人間に反乱を起こした機械。
オミクロン時空冒険記ゼントリックス) - 同じく中の人繋がりの人間に反乱を起こし、世界征服しようとしたロボット。
総統メビウス - 世界征服しようとした管理コンピューター。
ノイズ(スイートプリキュア♪) - 自分のことが嫌いなラスボス。

関連記事

親記事

コレクター・ユイの登場人物一覧 これくたーゆいのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グロッサー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グロッサー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 735

コメント