ピクシブ百科事典

生田目太郎

なまためたろう

生田目太郎とは、『ペルソナ4』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:服巻浩司
市議会議員秘書。事件の第一被害者である女子アナ・山野真由美とは不倫関係にあった。
実家が八十稲羽にあり、失職後に帰郷してくる。失業後は実家の運送業を手伝いながら、失業と失恋の痛手を癒していた。

人物像(※軽いネタバレ注意)

どこまでも正直で正義感の強い、根っからの善人。同時に気弱で思い込みが強い。普段はあまり押しの強い方ではないが、一度使命感に燃えるとトコトンまで突っ走る危うさも内包している。
 
そんな真面目が取り柄の人物だが、自分の妻との関係など家庭はあまりうまくいっておらず、山野アナと不倫関係を持ったのもそうした自分の居場所のなさに堪えられなかったためらしい。


物語との関連

※本項目以後は重要なネタバレ成分を含んでいます。
















生麦生米生田目太郎


「おれ・・・おれが、すくうんだ・・・! ジャマすんなぁぁぁ!」

八十稲羽市での『連続失踪事件』の実行犯
失恋と失業による精神的ダメージで失意の底にあったが、気晴らしに「マヨナカテレビ」の噂を試してみた際に山野アナが映り、それに手を伸ばした瞬間に「テレビの中へ入れる力」を自分が持っていることを知る。彼もまた今作の黒幕に力を与えられた一人であり、「絶望」担当。
彼はこれを「真由美がくれた力」だと認識するも、山野アナは死亡。そして再びマヨナカテレビを見たとき、今度は小西早紀が映り、彼女もまた死亡してしまった。
そうした光景を目の当たりにして、彼はマヨナカテレビを『殺人予告』と判断。自分にできることはないかと模索した結果、「テレビに映った人物をテレビの中に匿う」という方法を思いつく。
そしてそのために、実家の運送用の軽トラックに大型液晶テレビを詰みこみ、マヨナカテレビに映った人物たちを次々とテレビの中に「匿って」いったのだった。

本来であればテレビに入った人間は出ることも出来ず霧の日には死んでしまうが、彼が初めて誘拐を実行した雪子からは番長たちが救出しており、その事でテレビに入れれば救うことが出来ると勘違いしてしまった生田目は、マヨナカテレビに映った人々を次々と誘拐してテレビに放り込み、それを番長たちが救うというイタチごっこを演じてしまう。

そして堂島菜々子を誘拐した際に自称特別捜査隊とぶつかり、警察から逃げたいという思いと小さな子どもである菜々子を何が何でも救いたいという使命感から共にテレビ内へと逃走。
この時、初めて自分自身もテレビの世界に入る事になり、想像とかけ離れた世界に錯乱する。(後に彼自身も自分がおかしくなっていたと自認している)
半狂乱状態で天上楽土の奥へと逃げ込み、菜々子を人質にとって捜査隊の面々を牽制するも、逆に追い詰められ、最終手段としてシャドウをとりこんでクニノサギリの寄り代となった。

上記のことが判明するまでは、まさにサイコパスギリギリの凶悪犯にしか見えないが、生田目当人はあくまで善意で起こした犯罪であり、このことからまったく別の事実が浮上してくることとなる。

その後、グッドエンド、トゥルーエンドでは最終的には真犯人が捕まった事で殺人の疑いが晴れ、誘拐もテレビに入る力が失われた事で実証できなくなり、無罪放免となる。

P4Gでは多くの人を危険に晒したことに罪悪感を抱き、堂島家に謝罪に赴くが、その際に堂島から掛けられた言葉で自分ができる事を見つめなおし、市議に立候補する。

関連タグ

ペルソナ4 クニノサギリ P4G

pixivに投稿された作品 pixivで「生田目太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126949

コメント