ピクシブ百科事典

我は影、真なる我

もうひとりのじぶん

RPG「ペルソナ4」の“影”が本体から分離した際に言い放つ言葉。

お前なんか・・・俺じゃない!

概要

ペルソナ4の戦いの舞台となるマヨナカテレビの中に入った人間は、自己の識閾下に抑圧された感情が、テレビの中の世界に触発されて─もう一人の自分─として顕現する。

“影”はテレビの中に入った人間、いわば“本体”が日常において抑圧し目をそらしている感情を、容姿・態度・言動によって剥き出しの形でさらけ出し、容赦なく突きつける。
日常生活では気付かず、通り過ぎるだけであったもう一人の自分の姿を通常の人間は受け入れることができないため、自身の本質でもある“影”を否定し、“影”は否定されることで独立した「個」となる。
本体から乖離した“影”は自らを核として周囲のシャドウを飲み込んで暴走し、“本体”に襲いかかり死に至らしめる。

そして“本体”から否定されたことで、存在を獲得した“影”は凱歌の如く言い放つ、


                我は影・・・真なる我・・・

【ネタバレ】我は影、真なる我。



しかし、自己をも呑みこむ剥き出しの“自分”を受け入れることで、人は新たな“”を獲得し、真実への到達の端緒をつかむ。

我は汝、汝は我

こんにちは、私
カンフー少女



関連タグ

ペルソナ4 シャドウ
東方影法師

pixivに投稿された作品 pixivで「我は影、真なる我」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3549516

コメント