ピクシブ百科事典

甲板胸

かんぱんむね

アニメ「艦隊これくしょん」第5話で大井が瑞鶴に言い放ったセリフ。
目次[非表示]

注意点

これは艦これアニメ発祥の二次創作ネタです。原作ゲームで瑞鶴が貧乳であるとする描写は明確にはされていません。

概要

大井瑞鶴の胸を馬鹿にする意味合いで使われた。ちなみに第5話内では2回言われている。

発端

そもそもの発端はアニメ鎮守府において第五遊撃部隊が結成されたことに始まる。
古来より創作における遊撃部隊は精鋭の名にふさわしい優秀な人材が集まる一方、通常部隊では運用の難しい、軍紀や人格の面で難を抱える者達の寄せ集めとしての側面も持つ。
第五遊撃部隊もその例に漏れず、金剛を始めとする最精鋭を擁しながらも内部の人間関係や艦種の統一は全くと言っていいほど考慮されていなかった。秘書艦である長門の言からも、提督から(練度はどうあれ)曲者揃いと評されていたことが伺える。

第五遊撃部隊事件

そんな中、旗艦決定のための会議の場で事件は発生する。一航戦と五航戦の確執、重雷装巡洋艦娘の排他的な結束を引きずっていた時点で、問題が発生するのはもはや必然とも言えた。
当然のごとく紛糾に紛糾を重ねた話し合い。艦娘たちの容赦無い言論爆撃・精神雷撃の応酬の中、正規空母「瑞鶴」は重雷装巡洋艦「大井」を軽巡と誤認するという致命的ミスを犯す。無防備な瑞鶴に放たれた二発の言葉の雷撃は薄い胸部装甲を突き破り、心の火薬庫を直撃する。大爆発を起こした瑞鶴の名誉は入渠シーンでの抵抗も虚しく、瞬く間に水底へと沈んでいった。

これこそが「甲板胸」の三文字であり、単なる不毛な数分を一部の空母娘にとっての「魔の五分間」へと変えた悪夢の一撃であった。

誘爆、そして制胸権の喪失

惨劇はこれだけでは終わらなかった。瑞鶴はそこそこの装甲厚を有していたため、彼女よりも胸部装甲の薄い一部の空母娘達が連鎖的に誘爆、炎上することになった。とりわけ、以前よりその胸部装甲の脆弱さを指摘されていた軽空母「龍驤」は極めて深刻な被害を被った。その他の軽空母装甲空母も被害を受け、「フラット3」と謳われた一部の空母娘達はある意味で壊滅。制胸権を完全に喪失することとなる。

しかし悲劇はこれだけでは終わらなかった。事件から数日後の2015年2月6日、敗走するフラット3は運営の妖精さんから苛烈な追撃を受ける事となる・・・。

貧乳空母戦隊に心強い援軍が!

反論

後世の歴史家によれば、たとえ魔の五分間がなくとも遅かれ早かれ瑞鶴は正規空母達の圧倒的で豊満な物量に押し切られていたという声もある。
フラット3の構成艦はいずれも正規空母に艦載機搭載数の劣る軽空母、及び装甲空母である。対して正規空母は雲龍型を筆頭にいずれも豊かな胸部装甲を持つ艦娘達であり、瑞鶴は正規空母として活動するには胸部装甲が薄すぎた、との指摘である。しかし、艦種と胸部装甲が必ずしも一致しないのは駆逐艦や軽巡の例を見れば明らかであり、ただの推論にすぎないとの指摘も多い。
また、重雷装巡洋艦と軽巡洋艦を誤認したのは明らかな瑞鶴のミスであり、中破絵・大破絵を確認すれば姉妹艦であるはずの翔鶴との間にも若干の差があるように見えなくもない。とりわけトラック泊地における入渠の記録映像では瑞鶴は翔鶴に僅かに、されど明確に胸部装甲が劣っている事がはっきりと確認できる。瑞鶴は、正規空母にて最も胸部装甲の薄い艦なのである。これらから起きるべきして起きた歴史の必然である可能性は必ずしも否定は出来ないのである。

"別の意味"の反論

尚、英語圏の『艦これ』界隈では"飛行甲板胸"と云う正式名称が付いているが、元々は日本の『艦これ』界隈でもこの"飛行甲板胸"の略称が"甲板胸"であった。実は飛行甲板は先に行くに従い緩やかに上昇勾配をつけており若し実際の"甲板胸"と云う表現をするならそれに相当するのが、所謂"えぐれ胸"であろうと云う説がある。この場合、外見上の"えぐれ"の実態は実際は上方向に突き上がった張りのある胸の形となり、"貧乳"とりわけ"まな板"や"つるぺた"に相当するのではなく、"美乳"に相当する"紡錘形状"の胸の形になると云うのだ。事実入渠(入浴)中の瑞鶴の胸部には"未発達の乳房"の存在が認められているし、通常の瑞鶴の胸部装甲も、男子用の真っ平らなものでない女子用のを着けている。尚、"飛行甲板胸"でなく"装甲甲板胸"になるとこれはもはや上昇勾配を設けられていないので所謂"つるぺた"の意味になり、こちらには当然龍驤第六駆逐隊の娘(ようじょ)達が含まれる事になる。
因みに真面目な事を言うと、上記飛行甲板と同じく一般的に甲板と認識されている上甲板(メインデッキ)も水はけを良くするために若干の傾斜や反りが付けられているので、こちらも”まな板”を連想させるような平坦さはない。

記録の信憑性

艦娘に関する各種情報は、元々記録ごとに大きな食い違いが見られる。
しかし、上記のトラック泊地で撮影された映像が含まれる一連の記録については、雷巡北上の胸部装甲に関する部分に明らかな水増s・・・改ざんの痕跡が見られる。戦中の混乱を利用し、第五遊撃部隊事件に関わった何者かが都合の悪い事実を隠蔽しようとした可能性が高い。ならば、瑞鶴に関する記録もまた誤りがあるのではなかろうか?直ちに正確性の検証を―――
・・・誰かな、こんな時間に?

関連項目

艦隊これくしょん(アニメ) 大井(艦隊これくしょん) 瑞鶴(艦隊これくしょん) 葛城(艦隊これくしょん)
おっぱい 貧乳 まな板 ちっぱい 艦ぱい ZKいじめ 第五遊撃部隊 第六駆逐隊 飛行甲板 装甲甲板 胸囲の格差社会

pixivに投稿された作品 pixivで「甲板胸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2503641

コメント