ピクシブ百科事典

炎上祥鳳

えんじょうしょうほう

炎上祥鳳とは、艦これアニメ第7話にて起きた出来事と、その反響・波紋の総称である。
目次[非表示]

アニメ艦隊これくしょん』のネタバレとショッキングな表現が含まれます。
また、性質上艦これのアニメをネタにしているというだけで不快感を呈する人もいます。目的外の濫用は避けるようにしてください。













2015年2月20日午前1時30分(2月19日深夜25時30分)頃、悲劇は突如提督彼女を襲った。いや、繰り返されたというべきか・・・

概要

問題となったのは、アニメ『艦これ』第7話の一シーンである。

戦闘中の一場面に祥鳳が登場。
その周囲は業火に包まれており、今にも倒れそうな姿の彼女がいた。
そして10秒ほど経過したあと・・・
フェードアウトである。
台詞も何もなく、特に触れられないまま次回へ続いた。

一応史実に沿った展開(史実における空母祥鳳は、ポートモレスビー攻略を目的としたMO作戦にて戦没している)であるとは言え、台詞もなしに10秒程度で退場させられるという扱いは各所で物議を醸すものとなった。無論、祥鳳を愛する提督達が大きなショックを受けたことは言うまでもない。

また、主人公の成長とある程度関わりがあった如月の場合とは異なり、祥鳳と吹雪は別組織に所属している設定とされたため全く交流がなく、ドラマ上の必要性が感じられなかったことも問題として挙げられている。

この用語の由来は、劇中で祥鳳が置かれた状態を示すとともに、大した意味もなくキャラクターを死亡させてファンの話題を得ようとする安易な「炎上商法」的な描写に対する揶揄の意図も含まれていると思われる。

ちなみに7話の脚本は3話と同じ吉野弘幸氏である。またお前か

波紋

Twitterのトレンドは僅かな出番しかなかった「祥鳳」が急上昇する等、一定の影響が見られたものの、流石にNHKにまで爪痕を残した第3話ほどの影響はなかった。これは、7話時点でアニメに軽空母の艦娘は鳳翔以外登場しておらず(それも回想シーン)、多くの視聴者が彼女の登場すら予測していなかったこと、そもそも祥鳳というキャラクターについてろくな説明もなかったことが背景にあると考えられる。

出番の少なさについてであるが、これについては彼女に限った話ではなく、最終回に至るまで、台詞のあった軽空母娘は鳳翔だけ(回想でたった一言)であり、他には隼鷹龍驤の後姿が登場したのみ(千歳型水上機母艦としての登場)で、飛鷹・祥鳳の姉妹艦である瑞鳳・その親戚である龍鳳に至っては、その存在にすら触れられていない。皮肉なことに、あのワンシーンだけの描写ですら軽空母の中で一番クローズアップされていたのも祥鳳であると断言できる有様だったのである。
制作陣には艦娘に対する愛はないのだろうか……。

批判の声

前述のとおり、生死不明となった展開だけでなく、祥鳳のセリフやキャラクターへの言及が作品内で皆無だったことに対する批判も大きい。
如月は『主人公(吹雪)の親友(睦月)の親友(如月)』という立ち位置ながらも、1話・2話で顔見せはされており3話での「死亡フラグ」の乱立っぷりから如月ショックが引き起こった。
だが祥鳳は大破炎上しているシーンが初登場かつ唯一の出番となり、モブ艦娘としての登場も「如月の二の舞か!?」と驚かせる伏線さえもなく、いきなりの展開だった。ピンチを演出する為だけに使い捨てられてしまったとすら解釈できる有様なのだ。
また、長門や吹雪には仲間の死を悲しむ描写が4話にあったにも関わらず、7話以降で(別鎮守府所属扱いとはいえ)彼女達が祥鳳の安否を気遣う場面や心配をする場面が一切なく、同作品内でキャラクター描写が矛盾している。(吹雪は祥鳳が危ない状況にあると情報を得ていた)

ちなみに珊瑚海海戦で祥鳳と共に出撃し、祥鳳の乗員救助にも関わったは、7話ではいなかったことにされている。なお、第七駆逐隊五航戦や珊瑚海とも浅からぬ縁がある(※)のだが、漣どころか第七駆逐隊、ひいては綾波型自体の出番が無いに等しかった(1話に綾波型の服を着た艦娘が歩いているシーンがあるが特定は不可能、10話のモブに綾波が確認できるのみ)。

※史実の珊瑚海海戦において、五航戦の護衛を担当している。は開戦前に秋雲と共に五航戦の直属であった。は前述した通り祥鳳の乗組員救助に携わっている。

注意点

明確に轟沈扱いにされてしまった如月とは異なり、あくまで生死不明である(ただし、以降のストーリーにおいても祥鳳については一切触れられていない)。
翔鶴が吹雪達の活躍で艤装の修理に時間はかかるものの翔鶴本人の身に問題はなかった事は描かれているため、「主要キャラの翔鶴」と「アニメにおいてはモブ扱いの祥鳳」という扱いの差が出たのではないかという意見も存在する。
だが、「艦娘にモブは居ない」という主張を行う提督も多い。艦隊これくしょんが今までのミリタリ界隈でも影の薄かった艦にも焦点のあてられているコンテンツである事を踏まえた上で、今回の一件や如月ショックについて考えてもらいたい。 無論、この件をダシにして祥鳳を貶める迷惑行為も控えるべきである。(事実、祥鳳関連のコミュニティでは、このアニメや瑞鳳をダシにして祥鳳を貶めるコメントが散見され、荒れる事態が多発した)

余談

史実では翔鶴と瑞鶴が護衛のために派遣されたのだが、翔鶴の偵察機が誤報を起こしたために祥鳳の護衛が間に合わず、結果として祥鳳は撃沈されてしまった。ある意味、翔鶴の不運が伝染としたと言えるかもしれない。
また、史実に沿う作風ならば、本来は翔鶴・瑞鶴・祥鳳がチームを組んでいた方がより忠実であったかもしれない(アニメの展開ではキャラクター配置の都合上、不可能だったが)。
一応、アニメ後には梅雨限定グラフィックや祥鳳改のグラフィック変更、如月共々ほぼ毎回限定ボイスが追加されるなど、ある程度ゲーム側ではフォローされている(それでも如月とは異なり、2016年1月現在未だ改二実装はされていない)。とりわけグラ変更に関しては祥鳳提督が歓喜したのは言うまでもない。
ちなみにbob氏による二周年記念イラストでは、川内と共に最前列に描かれている(当然のように那珂ちゃんはセンター)。生みの親であるbob氏も、何かしら思うところがあったのだろうか。

関連イラスト

私だって航空母艦です!
鎮守府の未来を担え 君の手で


劇中では描かれなかった、孤軍奮闘する場面を想像したイラストや倒されてしまった状態のイラストが投稿されている。
(※前述の通り、あくまで生死不明である)

艦これ漫画「アニメ第7話をみた軽空母たちの巻」
本当にそう思ってしまった艦これアニメ第7話


アニメとゲームキャラは別物と割り切り、本人がアニメの状況を見て嘆いたり驚いたりしているイラストも。

うおー!! あっちー!!(PS版)
アニメで大活躍する祥鳳さん


また、炎に包まれているというシーンを逆手に取り、格好良いイラストを描く者も。

艦これ漫画 祥鳳さんとMO作戦


自力で脱出し、助かった状態を描いたイラストも存在する。

アニメ「艦☆娘☆王」次回予告


さらに、同じ炎に包まれた繋がりか、城之内克也のシーンと混ぜ合わせたネタ絵が描かれている。
※キャプションを見ればわかるが、ネタを交えつつも「闇の脚本」と称するなど、少なからず製作陣への揶揄が含まれていることが推測される。

祥鳳
ちょっとアニメスタッフに抗議(物理)してくる

 
さらには史実の状況を描いたイラストや、こんなイラストも。
 
なお、剣崎(剣埼)つながりであの男が祥鳳を救うSSもあったりする。
(なお、同作者は如月と同じ名を持つ男彼女を海の底から救うSSも書いていたりする)

関連タグ

艦これ関係

艦隊これくしょん 艦隊これくしょん(アニメ)
祥鳳
如月ショック
祥鳳さんを救い隊

その他の関連タグ

アニメにおけるみんなのトラウマ一覧
悲劇は繰り返される
どうしてこうなった
吉野弘幸

pixivに投稿された作品 pixivで「炎上祥鳳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253961

コメント