ピクシブ百科事典

如月ちゃんを救い隊

きさらぎちゃんをすくいたい

如月ちゃんを救い隊とは、アニメ「艦隊これくしょん」の登場人物「如月」を救おうという有志と勇士である。
目次[非表示]

概要

アニメ「艦隊これくしょん」第3話「W島攻略作戦!」にて、駆逐艦如月は、一瞬の油断が祟り、敵空母の生き残りの特攻により、誰にも見取られる事なく(正確には神の視点にいる視聴者にだけ見取られて)轟沈あまりに寂しく、儚い最期を遂げた。

出撃前に親友睦月と交わした約束は、あまりに突然の、そして永遠の別れによって守られることはなかったのである。そして、この事実が伝えられないまま睦月は、永遠に帰らぬ友人の帰りを待ち続け、後に非情な現実を知る事となる(厳密には描かれてはいないが)。

突如訪れた『親友との別れ』。心に深い傷を負った睦月は、4話では奥底に眠っていた彼女を喪った悲しみが溢れて、10話では功を焦り轟沈の危機に晒された主人公吹雪を諌める為に、今は亡き如月に触れ、大粒の涙を流した。
11話では、彼女に向けて花(桔梗?)を手向け、吹雪らMI攻略部隊の無事を祈っていた。これも、彼女が既にいないがゆえの描写である。
当然、3話で如月があのようなことになっていなければ、このような悲壮な光景は避けられたであろう。

そして、最終話に至っても如月の死が報われた、実は生存していた等の明確な描写は確認されなかった。それどころか、彼女と共に沈んだはずの如月の髪飾りが、中間棲姫及び隻眼ヲ級を倒した後に浮かんできたのである…(草川監督曰く「真相は視聴者の想像に任せる」とのこと)

結果、(少なくとも第1期終了時点では)3話で如月は轟沈し、その後出てくることはなかったという、如月を愛し、慕ってきた睦月や提督達には悲しく受け入れ難い事実だけが残されたのであった。



彼女を守る事はできなかったのか?
もし、彼女をあの時救えていたならば…
睦月の「如月に伝えたい事」とは何だったのだろうか…



戦争の理不尽に、突如として友人(解釈によっては妹)を奪われた睦月の心境を察し、そう悔やんだ提督は多かった。
W島の悲劇から如月を生還させ、親友睦月の元へ帰したい。

3話の最後の睦月の回想で如月が見せた、本編では二度と見る事の叶わないあの笑顔を見たい。
6話でカレーを食べることも、8話で水着を着て海で遊ぶことも、大和ホテルもとい大和が振舞う料理を口にする事も許されなかった如月に、あの日常を謳歌させてやりたい。
何よりも、交わした約束を果たしてやりたい。

救えるチャンスがあるならば、救うしかないではないか!

数々のキャラクターや人物が、あの日の1540頃(作中での如月轟沈時刻は1542)のW島へ、彼女の救出に駆けつけた。

使用例

とあるチョビヒゲが仇討ちの為に自国の潜水艦部隊を送り込んだり、

総統閣下はアニメ第3話を観たようです



別の人気アニメプロデューサーダメコンに来たり、

ダメコン発動!



赤いイレギュラーハンターに救出された例もある。

予期しないレスキュー。/ Unexpected Rescue.



そしてもちろんこのお方も……!!

それはまぎれもなくヤツさ



さらに、こんな作品を作るユーザーも……

提督だよ!ワリオだよ!!



いや、世界を超えなくても駆逐艦大好きな戦艦が現れたっていいじゃない……

アニメNG3「さようならとはいわないよ」



彼らは艦載機を爆弾投下前に未然に撃墜したり、爆弾を受け止めたり、沈みゆく如月をサルベージしたりして、如月を救出。睦月と如月が引き裂かれる悲劇は回避されたのである。

こうして如月と如月提督は救われたのだ…!救われた彼女は再び、日常と戦いに戻っていく事だろう。今度は、皆と一緒に。

pixiv内では、どちらかというとネガティブなイメージが強い如月ショックの方が主流である。何らかの介入によって如月が轟沈することを免れているようなポジティブな作品にはこちらのタグをつけて、如月ちゃんを救ってあげて欲しい。

一部はどう考えても過剰戦力ではないか、とかは禁句だ!

関連タグ


外部リンク

成立時期の問題から、ニコニコ動画及びニコニコ静画では此方のタグの方が主流である。




しかし、劇場版において・・・・・・。
※ここから先はの重大なネタバレとなっております。
































紆余曲折が有ったものの如月は鎮守府にいや睦月の元に帰って来た。

「いっぱいお話しようね」



お帰り如月

pixivに投稿された作品 pixivで「如月ちゃんを救い隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 756851

コメント