ピクシブ百科事典

アニメ提督

あにめていとく

アニメ『艦隊これくしょん』の登場人物。
目次[非表示]

概要

アニメ艦隊これくしょん -艦これ-』の舞台となる鎮守府の「提督」。主人公吹雪の前任地や、第7話での別艦隊所属先など鎮守府はそこ以外にも存在している。
作中では秘書艦長門に作戦の指揮を一任しており、約15時間の入渠時間を誇る赤城に対し高速修復材(バケツ)を投入するなどは提督の命令。

この人物がアニメに登場する時は視聴者視点や画面外、艦娘の後ろ、影として登場し、作中では姿どころかセリフすらない
そのため性別・年齢、そもそも人間であるかさえも不明(影の形は一応人のように見えるが)だが、田中謙介プロデューサー曰くホモっぽいらしい(※要出典)。


来歴

第1話

赴任した吹雪を執務室で出迎えたが、この場面で姿を現さない姿勢が明らかになった。
赴任間もなく航行することも危うい吹雪に初陣を与え、第三水雷戦隊として泊地棲姫との戦いに参加させる。危ないところを助けられたりして生還したが、吹雪のいきなりの初陣には夕立も「いい加減っぽい……」と提督に対して愚痴をもらした。
その後に花畑で落ち込む吹雪に提督は言葉をかけ、吹雪を元気付けた。

その言葉の内容は10話で明らかとなる。

第2話

訓練がなかなか上手くいかない吹雪に周囲は「何故提督は吹雪を鎮守府に招いたか?」という疑問を起こしていたが、提督が吹雪に目をかけるのは特型駆逐艦だから」であることが長門の口から明かされた。
またこの時、W島攻略の人選を長門に丸投げしていたことが3話で明らかになっている。

第3話

W島攻略作戦!」が開始され、艦娘たちは出撃し、作戦そのものは何とか成功したが、この作戦で如月が轟沈。提督は長門よりその報告を受けていた。 → 如月ショック

第4話

如月轟沈に落ち込む吹雪は金剛型とともに作戦参加することになったが、登場した金剛が提督に飛びついた、と思ったら大淀だった、という場面を見せ、ここでも金剛は提督LOVEであると明らかになった。

第5話

艦娘に対して、艦隊の総入れ替えが長門を通じて命じられた。艦娘一人一人を面接形式で執務室に招き、新たな艦隊編成を命じた。それによって吹雪は「第五遊撃部隊」に配属された。が、配属メンバーは性格が合わない者ばかりで、作戦遂行どころか旗艦も決まらず、一時は瑞鶴が再編成を申請しようとしたほど。それでも最後には、吹雪が指揮官としての隠れた才能を発揮し、彼女が旗艦に決まった。

第7話

第五遊撃部隊旗艦として経験を積む吹雪を呼び寄せて、「深海棲艦に暗号を察知されている事」を伝える。この事にいつ気付いたのかは不明であるが、W島で奇襲に一時失敗した事でその仮説にたどり着いた可能性もある。また、このおかげで吹雪は窮地に陥った瑞鶴・翔鶴を助けに行くことができた。
なお、この回以後は時々「別の鎮守府」の存在も示唆されているが、こちらに提督が居るかは不明である。

第9話

FS作戦の準備が進む中、トラック島にいた夕立が改二となり、第一機動部隊に配属が命じられたが、同時に吹雪は第五遊撃隊の旗艦の任を解いて鎮守府に戻るよう命令が下され、吹雪は提督が自分に失望したのではないかと大きなショックを受けた。
吹雪は睦月最上ともに鎮守府へ戻るが、その直後に作戦中止が長門たちに伝えられ、さらに手薄になった鎮守府が深海棲艦の機動部隊の攻撃を受け壊滅。長門はこの攻撃を考えて作戦中止を判断したと推察した。鎮守府の艦娘たちは提督の指示で脱出して彼女らに被害はなかったが、提督は執務室に最後まで残り、行方不明となってしまう。
長門は鎮守府再建に勤しむ艦娘たちに、提督が残した指令書を元に新たなMI作戦を準備すると宣言。そして吹雪は指令書の指示により、改になることが告げられた。

第10話

吹雪は提督の意志を胸に訓練に励んでいたが、吹雪を鎮守府に呼び戻したのはそのためであったことが明らかになった。
吹雪は睦月に第1話で言葉をかけてくれた提督が、なぜ吹雪を選んだかについて話をしてくれたことを打ち明けた。それは、夢で晴れ着姿の吹雪が提督に微笑んで話しかけてくれたからだという。また赤城も提督から自分の護衛艦は自分が選ぶよう言われたことを加賀に打ち明けた。
そして、指令書には吹雪が作戦によって重要な存在になると記されていた。

第12話

MI作戦が続く中、指令書では「全ては見せかけ」というキーワードを出し、各艦隊が敵を欺くような動きをさせた。さらに大淀からの無線で提督の生存が明らかになり、再着任したことが前線に伝えられ、これによって奮起した吹雪たちは作戦を成功させる。そして、大淀が涙を流して帰還を喜び、鎮守府に戻った吹雪が「おかえりなさい、司令官」と笑顔で出迎えている。

劇場版

今回の舞台のショートランド泊地には赴かず、何度か存在が語られるのみ。

評価

原作に相応するブラウザゲーム『艦隊これくしょん』においては艦娘を指揮する提督=プレイヤーであり、ゲームの構造として艦娘は秘書艦としてプレイヤー(提督)と一対一で会話することでキャラ性を把握する流れになっており、提督像については二次創作アンソロジーなどでも多種多様である。
公式インタビューでも「提督の存在については、原作ゲームのプレイヤーであり、視聴者自身がアニメに登場する提督である」という旨の発言がなされている。
だが、プレイヤーへの配慮から個性を出さない様にした弊害と作品の描写不足により、キャラとしての登場の有無以前に、提督としての技量や人格面に疑問符が付くようなキャラクターになってしまったとする意見が見られる。

上記のように第1話で水上移動もままならない吹雪をいきなり実戦投入したのを皮切りに、第3話の如月轟沈で悲しむ等のリアクションやショックを受けた面々に対する慰安等の行動も無かったため(姿や声がない以上描写のしようがないというのはあるが、艦娘からのそうしたことをされたりしていたなどの証言もなく、第1話でカメラが上下するなど視点の調整である程度表現はできていたのに、そうした場面もなかった)、「艦娘の安否には無関心で、作戦の効率や自身の功績にしか目がないクソ提督」と非難を浴びた。これ以降この提督やアニメそのものへの賛否両論の嵐が吹き荒れた。
また、第7話から8話にかけての加賀や五航戦の長時間入渠の際も、重要な作戦を前に高速修復材を完全に枯渇させておきながら、そのまま作戦を強行させるなど、提督として「奇行」ともとれる作戦指揮を執っている。(ちなみに、高速修復材枯渇の原因としては、作中において、「勢力範囲拡大に伴い補給線が伸びたことに加えて出撃も増えたこと」にあると第7話において説明されていた。)一応、ゲームと違って高速修復材が安定して支給されるわけではなく、その一方で広範に渡って作戦も進めなければならないという事情があるとはいえ、そうしたバックヤードや鎮守府外の上層部などに関する事情も詳細は明かされなかったため、そうした邪推やゲーム版を基準とした考察をせざるを得ない実情もあった。
提督は艦娘から慕われる人格者とされているが、9話で行方不明になっても艦娘の誰からも(4話で提督LOVE勢と設定されている金剛すら)心配されておらず、あまり慕われているような描写は少なく、作中で矛盾が生じてしまっている。
更に、10話でのこれまで吹雪を優遇していた理由が発覚したシーンは、非常に理解しがたい流れから視聴者から強い批判を受けた(続編の劇場版での描写により、提督の吹雪への優遇に筋の通った解釈も可能となったが、本放送時点では「理解不能な理由で優遇」だった)。

こういった経緯からアニメ提督への強烈なアンチが生み出された結果、最終話においても帰還したアニメ提督に対し、現実の提督達からは「(行方不明になった際に)ログアウトして別のゲームで遊んでいたのだろう」「コンビニでも行っていたのか(※)」とメタ的な視点で糾弾されたり、「(9話で鎮守府が攻撃された際に)死んでればよかった」「折角いなくなって清々したのになんで帰ってきた」と露骨に敵意や不快感をぶつける者まで現れる有様であった。

※脈絡もなく急に支給された高速修復材、突如登場した大鳳に対して。ゲームにおける高速修復材はアイテム課金でも入手する事が可能。また、ゲームでの大鳳は大量の資材を消費する大型艦建造でしか入手は不可能であるため。
7話で高速修復材を切らす、8話で大和の運用を頑なに渋る等、資材に逼迫していた描写と整合性が取れず、一部の提督に「アイテム課金によって必要な資材やアイテムを調達したのではないか?」と推測された。勿論アニメはゲームではない為、アイテム課金などというシステムは存在しないのだが。

そして、こういった問題点を覆すような好意的な人物背景も作中では描写されず、また前述の「視聴者自身がアニメ提督」という発言に対し、アンソロジーコミックや二次創作でよくあるような「艦娘たちとの会話や交流」など、視聴者が期待していたような描写も少なく、むしろ同一視されたら不快感を煽るような作中の行動や、「ホモっぽい」など視聴者に対する配慮のない田中プロデューサーの発言もかえって「コレジャナイ」感を与えてしまい、「こんな描写ならそもそも提督を登場させる必要はなかった」とアニメ提督の存在そのものを否定する様な意見も噴出した。

こういった経緯から、続編である劇場版に提督は登場するのかという事は視聴者の関心事となったのだが、結果として劇場版では中部海域・北方海域の作戦指揮を執るためとの理由で終始不在だった。
しかし一方で、吹雪の特異性繰り返されるループが明かされた事により、提督が吹雪を優遇していた理由は視聴者の推測に委ねるという形であるものの概ね整合性が取れるようになったため、ある程度は評価を持ち直した(当然、「これをアニメ版で説明していれば…」という声もあったわけだが)。



余談

その行動原理に不明な点の多いアニメ提督であるが、監督によってその行動の意図については少しばかり言及されたことがある(出典:アニメージュ2015年5月号)。

〈以下引用部分〉
Q.”抗えない大きな流れ”というのは、第11話において赤城が言っていた、「私たちをある方向へと常にいざなう何か」ですね。これは実際のところ、どういったものだったのでしょうか?
A.艦娘たちは、在りし日の艦艇の魂を宿した存在ですが、その艦艇が辿ったであろう歴史の流れみたいなものが、アニメで描かれていた世界でも再現されようとしていたんです。

Q.提督は、それを断ち切ろうとしていた?
A.はい、そうです。

Q.そのために吹雪を育ててきた、ということでしょうか?
A.そうですね。そのために提督は吹雪を呼び寄せ、鍛え上げていました。そして、第9話で姿を消したあとは、”抗えない大きな流れ”の集結地点である棲地MI攻略作戦のために鎮守府外より大鳳を呼び寄せたり、トラック島から大和を出撃させたり、AL陽動作戦を仕掛けていたりしたんでしょうね。

Q.その結果、第12話は大量の艦娘が登場したわけですが、当初からここまで出す予定だったのですか?
A.最初から、全勢力を一箇所に集めて敵本拠を撃破する流れは考えていました。ただ、本当に全員登場させると決まったのは、シナリオ作成の中盤あたりです。逆に大鳳の参加は序盤の段階で決まっていました。棲地MI攻略作戦、つまり史実におけるミッドウェー海戦の時、大鳳は未就役でしたから、”抗えない大きな流れ”を覆すのに適した艦娘でもありました。

こうしたことから、アニメ提督は彼なりの考えに基づいて、艦娘の悲劇的な運命を断ち切り、鎮守府の勝利のために行動していたという事情があったことは、劇場版で明かされた『吹雪』や世界観に関する設定と合わせて考えても確かなようである。もしもアニメ版に劇場版のプロットも(あるいは最低限そうしたアニメ提督なりの考えや決断に至った事情の説明や描写だけでも)組み込まれて放送されていれば、前述したほど苛烈な評価とはならなかった可能性も十分に考えられ悔やまれる所である(実際、劇場版レビューの中には、「劇場版から遡ってテレビ版を見返すと提督の印象が多少良くなった」という意見も聞かれる)。


艦これの様に主人公が「プレイヤーの分身であるため、キャラ性がない」と言う作品のアニメ化に関し後述の様にキャラ性を付与したり、逆に余計な火種とならないよう存在を除去して成功した例は枚挙に暇がなく、二次創作、アンソロジーでの鎮守府も多種多様な提督像を作り上げている為、アニメ提督のビジュアルを決定させておいても「それはそれ、これはこれ」と視聴者側が割りきる可能性は十分あったのではないか、との意見も聞かれた(もちろん、製作陣の懸念した「プレイヤーから切り離された一キャラとしての提督」への反発があった可能性も同様にあるが)。

別ジャンルだが艦これアニメと同時期に放映していたソーシャルゲーム出身アイドルアニメの『オリジナル男性キャラ』であると引き合いにされることもある。


艦これ第一話で描かれなかったところ



3話で死んだメインキャラ繋がりで某魔法少女アニメ彼らを連想するものも多い。彼らは後にぶちギレた悪魔によって叛逆され、首切られた先輩も実質復活するのだが、しかし「魔法少女達が死んで魔女になっても何か思う感情がない」という事が視聴者と劇中キャラのヘイトを意識的に集めていた。

...




なお8号氏シリーズにおいて「アニメ提督は死亡し、終盤の展開は代役の貢献によるもの」とするように、終盤の展開について二次創作で様々な解釈がなされている。

頭上に瞬く星の海



他メディアミックスの「提督」

これまでの(そしてアニメ後も)公式ノベライズ・公式コミカライズにおいては『仲間を救おうとする艦娘の意思を尊重し、艦娘という存在を大事にしている』『裏方で艦娘が立ち回れるように動き回る』という点は一貫している。


変態であり、陽炎ら第十四駆逐隊と個人的に仲良く接しているわけではない。だが、「仲間を見捨てない」という信念と問題児をまとめ上げた所は、有能な人材として高く評価されている。
2巻においては、大本営の命令で不知火を切り捨てるような指示を下した事で陽炎と曙にキレられるものの、不知火を救いたい彼女達の信念を後押しするかのように『改造』の許可を下した。
陽炎を可愛がる役回りは、秘書艦の愛宕が代わりに行っている。また、愛宕自身も有能で、互いに信頼しあっているが、提督に意見する事もあり、イエスマンではない。

『人類は艦娘に守ってもらっている』という状況を理解しており、(本作の設定では)異世界から転生した軍艦である艦娘達を利用している事に罪悪感を抱いている節もある(それ故に翔鶴から信頼されている)。
艦娘を危険視する大本営から彼女達を守ったり、艦娘に守ってもらった輸送船や戦時徴用船の人々の感謝の想いを艦娘達に伝える事で、転生したこと自体を憂う大和の自害を止めたりした。
ちなみに本作の瑞鶴はレイテ沖海戦までの記憶を引き継いでいるせいかアニメに比べると精神年齢が高めであり、「艦娘同士の絆を仲介する」というアニメ版の吹雪に近い役回りを担っている。

  • ノベライズ『一航戦、出ます』『とある鎮守府の日常』の提督
多くの艦娘達に好意を抱かれつつも贔屓しないように立ち回っている。ちなみに初期艦は吹雪。
彼なりに艦娘を大事にしており、艦娘達を出撃させた時は轟沈しないように応急修理要員(ダメコン)を積ませた。
明確なキャラクターが前面に押し出されており、艦娘を大事に思っている点が特に目立つ提督。また、深海棲艦側との戦術的駆け引きも描かれている。

アニメと同時期に刊行された作品だが、提督と艦娘の関係をまっすぐ書いていることから評価が高い。
公式作品では珍しく提督に就任する前の姿が書かれており、また職務以外で彼個人が深海棲艦と戦う動機も書かれているなど、いい意味で主人公として前面に押され存在感を発揮している。
性格も少々頑固だが誠実で、運命的な出会いを果たした瑞鳳に特別な感情を抱きつつも個人的な理由で贔屓しないようにするなど公正な人物。
何よりも、瑞鳳を初めとした艦娘を大事にしていることが伺える。

  • コミカライズ『つむじ風の少女』の蒼崎すみれ提督
指揮能力は不明であるものの、島風や朝潮を見守っている女性提督。階級は中将。
また彼女らを成長させるために演習相手として夕立(改二)を呼び寄せている。

  • コミカライズ『つむじ風の少女』の赤井誠一郎少尉
階級が尉官のため厳密には『提督』ではないのだが、便宜上ここに記載。
元々は教職志望だったものの、紆余曲折の果てに上記の青崎提督旗下の少尉として舞鶴鎮守府に着任する。
島風、朝潮を指揮下の艦として預かっている。教職志望だった事もあり、朝潮からは「先生」と呼ばれている。
軍事経験のない素人らしく、指揮能力は士官学校を出たばかりの新米士官レベルだと思われる。
だが艦娘を思う心は強く、朝潮と島風が仲違いから命令違反を犯した際には、同じ営倉に入れる事で話し合いの場を与えるなど、彼なりに艦娘をサポートしている。

  • コミカライズ『Side:金剛』の提督
顔だけしか出ていないが、島風が救援を呼ぶべく一人で鎮守府に戻ってきた際、「仲間を助けに行きたい」という島風の意思を尊重して、金剛と比叡に彼女の身柄を預けた。

  • コミカライズ『おねがい!鎮守府目安箱』の提督
目安箱解決実行委員会No.1『目出し帽』として登場。
目出し帽をかぶっているため、素顔が分からないというか傍目から見たら完全に変質者(ただし他の委員メンバーも同レベルの怪しさ)だが、弥生から届いた便りを聞いて「なんとか悩みを解決してあげたい」と語るなど艦娘達の事を真摯に考えている人物である模様。

  • プレイ日記『艦々日和』の水本提督
ひよこ提督。プレイ日記であるものの艦娘達を大事に扱っており、仲間と共に奮戦している。
初期艦の吹雪を数多くの海戦に投入しており、特に吹雪への信頼が見て取れる。

姿形は確認されているものの台詞はなく、男性であることだけが判明している。
旗艦大破進撃を止めたり(大型建造の為にオリョクルをしたり、休む間もなく遠征させたりするが)、戦力の集中投入による殲滅を図ったり、親睦イベントを容認したりと、基本的には艦娘からも悪い人物とは見られていない。その一方で秘書艦へのセクハラ癖がある事が語られたり、潜水艦娘にスクール水着を指定した事が明かされたりと、(ゲームでもやっている事とは言え)素行の悪さも明かされており、親交のない駆逐艦からの印象が悪くなる場面もある。なお、駆逐艦娘が海水浴に行った際もスクール水着を指定しており、アレな拘りがある模様。
ゲームと同じルールで轟沈するためか、それを未然に防ぐ努力を最大限行っており、作品中でも轟沈者は一切出ていない。一方で、何故か艦娘の改造は行わない(気分で改になったり戻ったりする世界だが)。
中間棲姫(という名前の響き)にシンパシーを覚えるなど、組織全体では中間管理職の位置づけの模様。

関連イラスト

「本人の画が存在しない」という性質上イラストは少ないが、そのどれもがアニメに対する皮肉やどうしてこうなった(もしくはどうしてこうならなかった)であり、あまり良いイメージでは描かれていない

此方のイラストでは、如月轟沈に対し睦月がアニメ提督に見立てた提督に殴りかかっている。

艦これ第三話感想



第10話の提督


夢を…見たんだ


此方はアニメ提督を自己中心的で醜悪なクソ提督として描いた物。

関連タグ

艦隊これくしょん 艦隊これくしょん(アニメ) 提督(艦隊これくしょん)

他作品における似た立場の人物

アニメ審神者(刀剣乱舞):こちらも破天荒な作戦を決行したが、『花丸』の性質上さほど問題にはされていない。
その後に放送されたシリアスな「活撃/刀剣乱舞」の審神者は、容姿・声付きのいちキャラクターとして登場。

赤羽根P:ゲーム『アイドルマスター』におけるプレイヤーの分身。こちらもゲームでは「声・姿なし」だったが、本作とは逆にアニメで声と姿がつけられ、独自の性格なども肉付けされた。

武内P:ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』におけるプレイヤーの分身。こちらも赤羽根Pと同様のアプローチが取られたが、よりインパクトの強いキャラクター設定がされ、大きな話題となった。

サトシ(アニポケ):ゲーム『ポケットモンスター』におけるプレイヤーの分身であり、おそらくアニメにおいて声が付き、性格など設定に肉付けられたキャラクターとしては最も知名度が高い

結城理鳴上悠:ゲーム『ペルソナ』シリーズ『3』『4』における主人公。こちらはゲーム版の時点でキャラ絵、音声(戦闘時の掛け声など)ともに存在するが、シナリオ進行上における台詞は選択肢以外存在しない。しかし、アニメ版で登場人物としてきちんと性格付けがなされ、前述の赤羽根P、武内Pと同様にプレイヤーの分身でなくなった事への反発と、独立した一キャラとしての人気を獲得した。

かばんちゃん:アニメ『けものフレンズ』における主人公。

コンボイ司令官:『トランスフォーマー』シリーズの第1作『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場するサイバトロン司令官。

アーマード・コアシリーズ:主人公は「声・姿なし」だが、それ以外のキャラも作中では声のみで全く容姿が出ない。そのためプレイヤーは想像力を駆使してキャラの容姿や作中語られていないバックストーリーを構築していくのが恒例となっている。

北郷一刀:ゲーム『恋姫†無双』シリーズの主人公だが、本作とは逆にアニメ版では存在を抹消された。しかしヒロインの中でも人気の高い関羽愛沙)を主人公に据え、それ以外にも出番や活躍を増やすために時系列やヒロイン達の設定を一部改変した結果、それはそれで成功と言える成果を出している。

ムハンマド:顔を映さないなど映像媒体での扱いがアニメ提督と似ていると言われ、一部では混ぜ合わせて「ムハンマド提督」と呼ばれることもある。

火星年代記:アニメ提督を連想させるエピソードがある。

ピーナッツ:全編を通して登場する大人キャラ全員が姿を見せず、バルタン星人の声に似た文字化不能な謎の言語を発しており、視聴者は子供キャラのリアクションや相槌がなければ彼等が何を喋っているのか判断出来ない

pixivに投稿された作品 pixivで「アニメ提督」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 589883

コメント