ピクシブ百科事典

異世界拷問姫

いせかいごうもんひめ

綾里けいしのライトノベル。イラストは鵜飼沙樹が担当。 MF文庫Jにて2016年4月から刊行。コミカライズも刊行済み。 『綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る異世界ダークファンタジーの最高峰』と宣伝されている。
目次[非表示]

凄惨で醜悪で苛烈で劇的な―――世界に断罪されし少女と愚鈍な従者の物語。

概要

「我が名は『拷問姫』エリザベート・レ・ファニュ。誇り高き狼にして卑しき牝豚である」

死後、異世界転生した瀬名櫂人の前に現れたのは絶世の美少女・エリザベート。彼女は『拷問姫』を名乗り、従者として自分に仕えるよう櫂人に命じるが――

「断る」

即答する櫂人にエリザベートは『拷問』か『執事』かの二択を突き付ける。あえなく陥落した櫂人はエリザベートの身の回りの世話をすることになり、咎人たる『拷問姫』の使命――14階級の悪魔とその契約者の討伐に付き合わされることになるが……!?

「あぁ、そうだ。余は狼のように孤独に、牝豚のように哀れに死ぬ。たった一人でだ」

登場キャラクター

通称「拷問姫」。本作のタイトルは彼女のことを差す。
自身の全領民から周辺貴族にまで及んだ拷問、惨殺の咎で処刑されることが決定されている美しい少女。『処刑の前に善行を成せ』と教会から悪魔と契約した者たちの処罰が命じられている。数々の拷問具を召喚した凄惨な戦闘(拷問)を披露する。

長きにわたる虐待の末に、無残に殺された少年。死後にその魂はエリザベートに召喚され、彼女の従者を勤めることになる。生前の経験から、恐怖や怒り、憎悪など、激情を覚えると逆に冷静になる側面がある。
エリザベート特製の肉体で召喚されたため、通常の人間よりも死に辛い。
美少女型の機械人形メイド。とある経緯で櫂人を『主であり恋人』だと認識している。
典型的なヤンデレだが、櫂人のためなら喜んで死ねるし、むしろ死にたい献身的タイプなので、櫂人自身に危害が及ぶことは滅多にない。ただし戦闘能力自体はかなり高く、櫂人に害をなす存在であれば、例えエリザベート相手でも容赦なく敵対する。
例えるなら彼女に近い。

関連タグ

MF文庫J 異世界召喚 拷問 アイアンメイデン

関連記事

親記事

MF文庫J えむえふぶんこじぇい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「異世界拷問姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116749

コメント