ピクシブ百科事典

砂の器

すなのうつわ

「砂の器」とは、1960年から61年にかけて連載された松本清張の社会派推理小説、及び同名の映画作品である。メイン画像は映画版に出演した際の加藤嘉。

概要

松本清張の推理小説の中でも、最も有名な作品の一つ。1974年には映画化、さらに1962年1977年1991年2004年2011年と5度に渡ってテレビドラマ化された。
なお、2019年にもテレビドラマ化されることになったが、結果、TBSフジテレビテレビ朝日にて各2回ずつテレビドラマ版を放送したことになる(TBSは1962年と2004年、フジテレビは1977年と2019年予定、テレビ朝日は1977年と2011年)。

都会の駅の操車場で起きた、とある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く。また、ハンセン病を物語の背景に描いた点でも話題となった。

関連タグ

  • 日曜劇場(TBSにおける2度目のテレビドラマ化の際の放送枠)
  • 亀嵩駅(作品舞台の内のひとつ)
  • 近畿日本鉄道(TBSにおける最初のテレビドラマ化、どころか映画も含めて初めて映像化した際の放送枠の1社スポンサー)

pixivに投稿された作品 pixivで「砂の器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1146

コメント